アタバニン散について解説

アタバニン散は乳酸菌集合体であるラクトミンを主成分とする乳酸菌製剤で、通常は腸内に何かしらの異常が発生したときにその諸症状を改善するために使用する薬です。

アバタニン散は元から腸内に存在する菌を製剤化したものなので、主だった副作用も現状は報告されていません。

年齢や症状によって異なりますが、アタバニン散を成人で1日3回服用することによって、病原菌の発育を阻止し、異常醗酵や腐敗を抑え便通をよくするなどの効果を発揮してくれます。

そもそも乳酸菌は、私たちの身体に良い効果を発揮してくれると聞いた事がある方も多いと思いますが、乳酸菌が減少してしまうと、腸内に悪玉菌が増殖してしまい腸内腐敗が進み、便秘や下痢、腹部膨満感など消化器官に異常をきたしてしまいます。

お腹の調子が悪いとオナラが臭いと思った事はないでしょうか?

これは腸内が腐敗している状態で、悪玉菌増殖に伴い硫化水素やアンモニアなどの毒素が発生した為に起こります。

この硫化水素やアンモニアはオナラだけなら良いのですが、発生してしまうと体内で吸収されて免疫力の低下に繋がり、肌荒れや便秘、肝機能障害、最悪な場合は癌の促進の原因となってしまい体の細胞にダメージを与えていきます。

この様に腸内に乳酸菌が不足した状態になると、免疫細胞の働きが落ちてしまい、ウイルス性の病気を発症したり癌を発症してしまうこともあったり、免疫力低下によって免疫細胞は混乱を起こしてしまい、身体に有益とされる細菌までも攻撃してしまう場合もあり、症状の悪化に繋がってしまいます。

また乳酸菌には、新陳代謝に必要なビタミンB群の一部を生成しているのですが、乳酸菌が減ってしまうとビタミンが減ってしまった状態になるので代謝機能が低下し、皮膚や腸内の粘膜に悪化が生じます。

乳酸菌は身体に重要となる細菌ですがもともと腸内に含まれている細菌で、生まればかりの赤ん坊の頃は腸内が乳酸菌で満たされていると言われています。

しかし、大人になるにつれて不規則な生活や偏食などが原因で腸内に有害な細菌の増殖が促進され、乳酸菌は減ってしまいます。

乳酸菌の減少を防ぐには乳酸菌を増殖することがなによりも重要で、アタバニン散は腸内に乳酸菌を生きたまま届け、もともとあった乳酸菌の増殖を促進してくれる効果があり、腸内の細菌のバランスを整え、乳酸菌減少で考えられる上記の様な症状改善にとても効果的だといえるでしょう。



薬より自然&クセにならない乳酸菌サプリ!【全てレビュー済み】

姉妹サイト