アシドフェルス菌について解説

私たちの腸の中には腸内細菌と言われる細菌が1000億以上ともいわれる数が棲息しており、その中には身体に有益な乳酸菌の善玉菌、有害な悪玉菌などがあり、この有益な乳酸菌の中でも最も多いとされている1つとして、アシドフィルス菌が含まれています。

アシドフェルス菌は腸内以外にも口の中や生殖器にも棲息しており、世界で1番利用されている事でも有名な乳酸菌です。

腸内環境が悪化して悪玉菌が増えてしまうと、一番わかりやすい症状だと便秘や下痢などが挙げられ、この他にも悪玉菌が増殖した結果起こる症状や病気は、アトピー、癌などととても多くの深刻な病を発症してしまう場合がありますので、腸内環境を正常化させて健康的な身体を保つ為には、必ず維持していかなければなりません。

しかし、現代のストレス社会において私たちは様々なストレスを非常に受けやすく、また夜遅くまで続く仕事が原因で偏食なども多くなり、腸内の善玉菌を減らしてしまいがちです。

そうすると腸内環境に悪玉菌が増えてしまうので、腸内の細菌のバランスが崩れてしまい、上記の様な様々な症状が出てきてしまいます。

そこで腸内の細菌のバランスを元に戻す必要があり、乳酸菌を腸内に増やしてあげることで、腸内環境を改善していくことが重要になります。

そう聞いてしまうとヨーグルトや味噌などの乳酸菌を含んだ食品を摂取すれば良いと思う方もいるかと思いますが、乳酸菌の中には熱や酸に非常に弱い物が多く、熱や酸に強い乳酸菌を探す方が難しいとも言われており、アシドフィルス菌は熱や酸に強く、胃で溶かされることなく生きたまま腸にまで届くので、腸内環境を改善する優れた乳酸菌として注目されています。

そうして摂取したアシドフィルス菌は腸内に乳酸菌を増殖させ、有害な悪玉菌の増殖を抑制して、腸内腐敗から起こる便秘や下痢などの症状を改善してくれます。また、免疫力を高める働きがあり、癌の予防にも効果が期待できます。

この他にもビタミンB群の生成などの役割もありますので、健康的な身体にはアシドフィルス菌は必要不可欠な乳酸菌だといえるでしょう。



薬より自然&クセにならない乳酸菌サプリ!【全てレビュー済み】

姉妹サイト