新アペテート整腸薬について解説

不規則な生活や食生活・ストレス・ウイルス性の病気を発症した場合に処方される抗生物質などによって、私たちの中に有益な乳酸菌が減ってしまっている事をご存知でしょうか?

乳酸菌が減ってしまった腸の中は有害な悪玉菌が増えてしまい、そのどちらでもない日和菌が悪玉菌が腸の中で悪玉菌に加担してしまい腸内細菌叢が崩れ、便秘や下痢、お腹のはりなど腸内症状が起こってしまいます。

そんな抗生物質の服用による乳酸菌の減少を補うためによく処方されるのが新アペテート整腸薬で、この新アペテート整腸薬には、腸に有益に働いてくれる乳酸菌が減ってしまわない様に、納豆菌の一種であるビオナットミンを配合した整腸薬です。

このビオナットミンという成分は、乳酸菌の増殖を助ける効果が期待でき、胃酸にも抵抗性強く生きたまま腸の中まで行き届きます。

一般的に乳酸菌は酸に弱く、摂取した場合でも腸に届く前に胃酸によって溶かされて死んでしまいます。

皆さんも一度は耳にした事があるほど有名なビフィズス菌は、乳酸菌の代表的な細菌ですが、このビフィズス菌も酸にとても弱い性質をもった乳酸菌のため、摂取しても腸に良い効果を与える前にほとんどが死滅してしまいます。

しかしアペテート整腸薬に含まれている納豆菌であるビオナットミンは、酸に強く胃酸に対しても高い抵抗力を発揮してくれるので、腸内まで生きたまま届きます。

そして腸にまでしっかりと生きたまま行き届いたビオナットミンは、腸に有害な悪玉菌に対して抗菌作用を発揮して悪玉菌を腸の中から減らしてくれ、乳酸菌などの善玉菌の増加を補助してくれる働きがあるのです。

そうして腸の中に乳酸菌が増加して正常な腸内細菌叢に戻り、異常を起こしていた腸内諸症状を改善してくれるのです。

アペテート整腸薬は、牛乳によるアレルギーを起こしたことがある人や、透析療法を受けている人などは副作用を引き起こしてしまう可能性もありますので、注意が必要ですが、しっかりとした腸内環境を維持するためにも新アペテート整腸薬は、腸内環境維持には非常に効果的なお薬といえるでしょう。



薬より自然&クセにならない乳酸菌サプリ!【全てレビュー済み】

姉妹サイト