@乳酸菌サプリメント口コミ比較TOP>乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌とビフィズス菌は一体どう違うのか?

ヨーグルトに含まれていることが多いビフィズス菌と乳酸菌ですが、有益菌として分類されている為、2つとも同じような働きをするのでビフィズス菌も乳酸菌だと思われています。

CMなどメディアの影響で勘違いしている方もいるかと思いますが、ビフィズス菌と乳酸菌は違った種類の善玉菌で、細かく見ると異なった働きをしており、ビフィズス菌はもともと私たちの腸内にもっとも多く棲息している善玉菌で、酸素のある場所では棲息できないので主に酸素のない大腸に棲息しています。

それに対して乳酸菌は、酸素がある場所でも棲息できヨーグルトや漬物などの食品にも棲息しています。乳酸菌と聞くと腸内というイメージがありますが、口の中や女性器の中にも棲息していて、ウイルスや病原菌による感染を防いでいます。

2つとも糖分を分解して腸内で乳酸を産生し、この乳酸を発生する細菌を乳酸菌と言うので、ビフィズス菌も乳酸菌の仲間と言えるでしょう。しかしビフィズス菌は乳酸以外にも酢酸やキ酸と言った酸も産生します。

酢酸やキ酸はビフィズス菌だけが産生する酸となるので、この酸を発生するかしないかだけで大きな違いが生物学的にはあるようです。

働きとしては、2つとも腸内に悪い影響を与える悪玉菌の増殖を抑制したり、減少させることや免疫組織を刺激して免疫力を向上させたりするのは同じなのですが、ビフィズス菌が産生する酢酸は、殺菌効果が強く悪玉菌を死滅させる他、腸内に防壁を作って出血性大腸菌O−157の感染を防いでくれる働きがあります。

ヨーグルトにビフィズス菌が乳酸菌よりも含まれている事が多い理由は、乳酸菌が産生することができない酢酸の殺菌効果も得ることができる為です。

このようなことから、乳酸菌もビフィズス菌もとても重要な善玉菌だと言え、腸内にもともと生息しているかいないかという事や酢酸を産生するかしないかの違いで分類されているだけで、善玉菌を腸内に増やして健康的な体を作るという点に関して言えば、さほど違いはありません。



話題の乳酸菌サプリ25商品を、実際に購入して試してみました!

姉妹サイト