ビオスリー配合錠について解説

ビオスリー配合錠は、善玉菌が減少してしまい悪玉菌が増殖し悪化してしまった腸内細菌叢を、主成分であるラクトミンが整えて、腸内の悪化からくるお腹のはりや便秘、軟便改善などに効果がある乳酸菌整腸剤で、主だった副作用の報告も今のところありません。

ビオスリー配合錠の主成分であるラクトミンは乳酸菌の総称で、ビフィズス菌・フェカリス菌・アシドフィルス菌などが含まれており、これまで特に主だった副作用なども報告されておらず安全性の高いお薬です。

これらの菌が小腸から大腸にかけてしっかりと働き、大腸菌などの悪玉菌の増殖を防いでくれ、腸内に善玉菌が増えることで腸内の環境が正常化され、腸内細菌叢の異常で起こる症状を改善してくれます。

またビオスリー配合錠はラクトミンの増殖を促進する働きがある、酪酸菌と糖化菌を配合しています。

酪酸菌は、医療品として用いられてきた安全性もしっかりと証明されている微生物で、酪酸・酢酸・プロピオン酸といった有機酸を作る上で非常に重要な役割を果たす細菌です。

腸内にとって酪酸菌は、非常に重要なもので、傷ついてしまった粘膜の修復を早めてくれる効果があります。

糖化菌は、デンプンによる栄養素で構成されている微生物で、ラクトミンの増殖効果は通常の100倍の増殖効果があるとされており、空腹時に胃酸は強い酸性で満たされているのですが、糖化菌はその状況でも溶かされてしまうことなく、安定した状態で腸にまで生きたまま届くことができます。

さらに近年では、糖化菌には腸内の粘膜に炎症を起こした場合に炎症を鎮める作用が確認され、体内に不用なコレステロールや中性脂肪などを抑える作用もあります。

ビオスリー配合錠はこれら酪酸菌と糖化菌の相乗効果で、ラクトミンをより多く増殖させる効果が期待でき、腸内の運動機能が活発に働き、腹部膨満感や下痢、便秘などの過敏性腸症候群を改善してくれるのです。

腹部膨満感や下痢、便秘などの過敏性腸症候群は、腸の自律神経機能低下やストレスが原因となるので、食事や睡眠など不規則な生活の改善もしっかりと心掛けることで、ビオスリー配合錠の効果がより期待できるでしょう。



薬より自然&クセにならない乳酸菌サプリ!【全てレビュー済み】

姉妹サイト