EC-12について解説

EC-12は少量を摂取するだけで、グラムあたり5兆個もの菌類を摂取できるとして今注目を集めている乳酸菌です。

このEC-12は生きている状態ではなく、殺菌されているために耐熱性に優れて、非常に品質が安定しているところが特徴になります。

そもそも乳酸菌が腸内環境の悪化を改善する効果があるということは良く知られていますが、乳酸菌にも色々な種類があるのをご存じでしょうか?

乳酸菌と一口に言っても、状態や形状、大きさによって腸に対しての働きも異なってきます。例えば、悪玉菌の棲みにくい環境を作ったりするものや殺菌効果を高めて、白血球を活性化して免疫力を高めてくれるものなど様々です。

また、乳酸菌は生きたまま腸にまで届けると良いという話をCMやテレビなど聞いたことがあるかもしれませんが、生きたままの状態で腸にまで届く乳酸菌は、ほんの少しの数しか腸内に行き渡ることがでず、乳酸菌という細菌は酸に非常に弱い性質がある為に、胃の中で多くの数の乳酸菌が死滅してしまいますので、食品などによって摂取された乳酸菌の多くは死んだ状態で腸に行き渡ることになります。

乳酸菌は生きた状態が望ましいと言われていますので、そう聞いてしまうと乳酸菌を摂取したところで意味がないと思ってしまう方もいるかもしれませんが、現在では胃の中で死んでしまった多くの乳酸菌が、腸の健康維持に生きた乳酸菌よりも効果的に働いていることが研究で分かってきました。

死んでしまった乳酸菌は、腸内に棲息する善玉菌のエサとなって善玉菌の増殖を高めて、悪玉菌の減少に働き、便秘などの慢性症状を緩和する効能が期待できるのです。

この他にも生きた乳酸菌とは異なり、大きさがとても小さく腸内細菌叢を形成せずに腸内で分散しているので腸で吸収がされやすく、腸内にある免疫を司る細胞を活発にして免疫力のアップにも、とても高い効果を発揮してくれます。

今日ではこの免疫力を高めてくれる死んだ乳酸菌の注目が集まっており、その中でもEC-12という免疫性の乳酸菌に注目が集まっています。

このEC-12には便通を整えたり、免疫細胞に直接作用して癌や生活習慣病の予防効果が非常に期待でき、生きた乳酸菌と比較して摂取できる数も非常に多いことも特徴です。

生きたままの乳酸菌と死んだ乳酸菌は腸内で異なった良い働きをしてくれるので、今まで生きたままの乳酸菌を摂取していた方はプラスしてEC-12の様な死んだ乳酸菌の摂取も考えてみてはいかがでしょうか。



薬より自然&クセにならない乳酸菌サプリ!【全てレビュー済み】

姉妹サイト