エンテロノン−R散について解説

エンテロノン−R散は耐性乳酸菌を主成分としている耐性乳酸菌製剤で、抗菌・抗真菌などの抗生物質服用時に腸内に存在する真菌やグラム陰性桿菌の増加を抑制し、腸内の環境の善玉菌と悪玉菌のバランスを保ち、腸内菌叢の異常を正常にして消化器官の諸症状改善してくれる効果があります。

ペニシリン系・セファロスポリン系・アミノグリコシド系・マクロライド系・テトラサイクリン系・ナリジクス酸などの抗生物質は、腸内にある善玉菌をも全て死滅させてしまう作用が働いてしまいます。

そうすると腸内に乳酸菌が減ってしまい、腸内に存在する真菌やグラム陰性桿菌などが増殖してしまいますので、耐性乳酸菌を成分として配合しているエンテロノン−R散の服用はかなり効果的だといえるでしょう。

増殖してしまった有害な細菌はどの様な症状を起こってしまうのかというと、まず真菌はカビの一種でこれが腸内に増殖してしまうと免疫機能が低下してしまい、水虫やアトピー性皮膚炎、カンジタ症などの症状がでてしまいます。

次にグラム陰性桿菌は、大腸菌やコレラ菌などの腸内に存在する悪玉菌のことで、小腸で増殖して毒素を作り出し水性の下痢や腹痛を起こしてしまいます。

上記のような症状を避けるためにも、抗生物質服用時には乳酸菌の摂取が重要になり、乳酸菌いってもこの場合には耐性乳酸菌を摂取することが絶対条件になります。

耐性乳酸菌は抗生剤にも耐えうる強い乳酸菌で、抗生物質によってやられしまうことがなく、抗生物質服用時でもしっかりと乳酸菌の増殖にも作用して、真菌やグラム陰性桿菌以外にも有害な悪玉菌の増殖を抑えて、腸内の環境を整えてくれる効能があります。

ただ注意点として、エンテロノン−R散を服用される際は、副作用として呼吸困難やじんま疹など全身のかゆみを伴うナフィラキシー様症状を引き起こしてしまう場合がありますので、もしも気になる症状が出た場合は医師又は薬剤師に相談して下さい。

また当然ですが、使用上は医師又は薬剤師の指示にしたがって用法・用量を守って服用して下さい。



薬より自然&クセにならない乳酸菌サプリ!【全てレビュー済み】

姉妹サイト