エントモール散について解説

エントモール散は、風邪や化膿などの症状を防ぐ為に処方される抗生物質によって、弱ってしまったお腹の改善を目的として、有害な細菌の増殖を抑え異常を起こした腸内菌叢のバランスを整えて、腸内の環境をしっかりと整えてくれる効果がある耐性乳酸菌調整剤です。

風邪を引いたときに抗生物質を処方されたことがあるという方も多いと思いますが、抗生物質を服用して「便秘気味になった」又は「下痢になってしまった」などの症状が起こってしまったなどという経験はありませんでしょうか?

抗生物質には殺菌効果がある為、腸の中にある乳酸菌などの善玉菌も有害な悪玉菌と一緒に殺菌してしまいます。

その結果、腸内には善玉菌が減少してしまった状態になり、悪玉菌が増殖して腸内の生態系のバランスが崩れてしまい、便秘や下痢などの症状を起こしてしまいます。

善玉菌だけでなく悪玉菌も死滅してるから、そこまでマイナスではないと考えるかもいるかもしれませんが、一度腸内の細菌が無くなってしまうと次に発生する細菌の勢力が悪玉菌の方が強くなってしまうので、結果的に悪玉菌がどんどん腸内に増殖してしまうのことになります。

この様な、抗生物質によって起こる腸内菌叢のバランス異常を防止・改善してくれるのがエントモール散です。

通常の乳酸菌では乳酸菌を摂取しても殺菌されてしまうのですが、エントモール散に含まれている乳酸菌は、耐性乳酸菌という抗生物質の殺菌効果によって死滅することが無い乳酸菌で、しっかりと腸にまで行き届き抗生物質によって不安定な状態になった腸内環境のバランスを整えて、抗生物質によって起こる諸症状を防ぐ効能があります。

実際に抗生物質を服用している感染性腸炎の患者に対して、エントモール散を一緒に服用させた臨床実験でも、腸内環境悪化で起こる下痢や便秘などが改善された例も確認されています。

このお腹の調子を整えてくれるエントモール散ですが、牛乳由来の耐性乳酸菌を使用しているので、注意点として牛乳にアレルギーがある方は服用ができませんので、必ず服用前に医師又は薬剤師に相談してから服用することと、主な副作用として、発疹、じん麻疹、潮紅、かゆみ、咳、嘔吐などが報告されていますのでこのような症状があった場合は、担当の医師または薬剤師などに相談するようにしましょう。



薬より自然&クセにならない乳酸菌サプリ!【全てレビュー済み】

姉妹サイト