フェカリンについて解説

フェカリンは、乳酸菌の一種であるエンテロコッカス・フェカリス菌を凍結乾燥加熱処理した死菌体から得られた機能性食品です。

腸の健康維持には、乳酸菌が効果的に作用するということは聞いたことがあると思います。

この乳酸菌を摂取することで腸内に善玉菌が増殖して、免疫力が強くなり、腸内の健康維持を保つ事ができます。しかし、乳酸菌を生きたまま腸にまで届けないと免疫力を強くする効果は、あまり期待できないと言われてきました。

なぜその様に言われていたのかというと、乳酸菌を摂取した場合、乳酸菌は非常に酸に弱い為、腸内に生きたまま届くまでに殆どの乳酸菌が死んでしまう事が原因です。

最近では、胃の中で胃酸によって死んでしまう乳酸菌の効果についての研究も進められています。そこで新しく分かった事として報告されたのが、乳酸菌の生死よりも乳酸菌を摂取して腸にまで届く数が重要になるということです。

乳酸菌を生きたまま腸にまで届けるのは困難だと先ほども説明しましたが、生きたまま腸にまで乳酸菌が届いたとしても、腸にまで届いた数は大変少なくなります。

少なくても腸内にもともと棲息している善玉菌に作用して増殖はしますし、死んでしまった乳酸菌ではできない働きをしてくれますが、免疫力を強くするには乳酸菌の数が少ないといえるでしょう。

死んでしまった乳酸菌の数は生きた乳酸菌の何百倍もの数があり、生きた乳酸菌の様な働きはできませんが、腸内にある免疫成分が豊富に存在するバイエルン板を刺激する作用があると同時に白血球に働きかけ、免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質を増やして、有害物質を排除する時に必要な物質の生産性を高めてくれ免疫力を強くしてくれます効能が期待できます。

乳酸菌の中でもこの様な働きをするのがフェカリス菌と呼ばれる乳酸菌で、このフェカリス菌を加熱処理させた乳酸菌がフェカリンなのですが、この加熱処理をする事により、生きたままの乳酸菌に比べ免疫力が3倍も強くなるといわれています。

フェカリンを摂取することによって、抗癌作用や動脈硬化などの生活習慣病の改善と様々で、もちろん腸内環境や便秘改善にも効果が期待できます。

今まで生きたままの乳酸菌以外は意味がないと思っていた方は、一度フェカリンを試してみても良いかもしれないですね。



薬より自然&クセにならない乳酸菌サプリ!【全てレビュー済み】

姉妹サイト