腸内フローラとは一体何なのか?

私たちの小腸から大腸には、多種多様な様々な腸内細菌が存在していてグループを作って腸内で棲息しています。その小腸から大腸を花畑に見立てて、腸内細菌のグループを腸内フローラと言った表現がなされています。

分かりやすく言うと、腸内フローラとは腸内での善玉菌と悪玉菌の生態系バランスのことを指しており、この腸内フローラのバランスを維持することで体の健康が保たれるのですが、腸内フローラのバランスは、偏った食生活やストレスなどでバランスを崩してしまいます。

また生後間もない赤ちゃんの頃は、腸内フローラのバランスが良いといわれているのですが、年齢を重ねるに連れて腸内フローラのバランスは崩れていく一方だと言われています。

やっかいなところではありますが、腸内フローラがバランスを崩れてしまうと腸内で有害物質を産生して、便を腸内に溜めこんでしまいその便が有毒ガスを発生し、腸内の免疫システムを崩壊させて、病気などの原因を招いてしまいます。

ですので腸内フローラのバランスが崩れてしまった場合は、バランスを整えて正常な腸内フローラに戻す必要があります。

そこで腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やして、悪玉菌を減少させえるのに効果的な乳酸菌や、腸内の蠕動運動を活発にして便通を良くする食物繊維の摂取をすることが何よりも重要になります。

特に乳酸菌は、腸内の善玉菌の住みやすい環境を作るために乳酸を産生して、悪玉菌を減らし悪玉菌増殖による有毒な物質を中和してくれるので、乳酸菌は腸内フローラのバランスを改善するには最適なのです。

また乳酸菌には、免疫システムを刺激して免疫細胞を活性化する働きもありますので、再び正常に戻った腸内フローラは、消化吸収を高めて病気になりにくい体を保ってくれるのです。

この様に腸内フローラは、私たちの健康を管理するうえでのキーポイントになると言っても過言ではないので、腸内フローラのバランスを崩してしまわない為にも、先述したように、乳酸菌や食物繊維を毎日摂取することを継続して行なうと良いでしょう。



話題の乳酸菌サプリ25商品を、実際に購入して試してみました!

姉妹サイト