@乳酸菌サプリメント口コミ比較TOP>乳酸菌の癌予防の効果

癌予防には乳酸菌を継続的に摂取する!

<癌が発生してしまうメカニズム>

今では日本人の3人に1人が癌を発症して、その内の2人に1人が癌によって死亡しているとも言われるほど、癌は私たちの身体の様々な部位で発症してしまう病気なのですが、近年日本人に増加している癌に大腸癌があります。

もともと日本人は、欧米人よりも大腸癌になりやすいと言われていたのですが、今までは日本人の食生活は野菜や魚を中心とした食生活で、食物繊維を豊富に摂取してきましたので、大腸癌の発症を抑えられてきていたのですが、今では日本人の食生活も欧米化の影響を受けてタンパク質や脂肪分の多い食生活となり、大腸癌の発症リスクは年々高まってきているのです。

タンパク質や脂肪分の多い食事がなぜ大腸癌の原因になるのかを説明すると、基本的に食べたものは腸内で消化と吸収が行なわれます。

消化と吸収は、腸内に棲息している細菌の働きによって行なわれているのですが、タンパク質と脂肪分は腸内の有害な悪玉菌の増殖を促進する働きがあるので、腸内に悪玉菌が増殖してしまいます。

そして悪玉菌が増殖した腸内はアンモニアを生成し、より棲息しやすい環境を作り腸内にあるアミノ酸やタンパク質を腐敗させ免疫機能を低下させると共に、発がん性物質と言われる有害なニトロソアミンやペンツピレンなどを作り出し、結果的に大腸癌を発症してしまう原因を高めてしまうのです。

この様に癌の発症と食生活は密接に関係性があると言えますが、もっと細かく言うと腸内の細菌バランスが癌の発症に多大な影響を与えています。

腸内環境のバランスが整っている状態は、善玉菌の多い酸性の状態なのですが、悪玉菌が増えると腸内のバランスが乱れてしまい、癌以外にも様々な病気の症状が出てしまう原因になりますので、癌を発症しない健康的な身体を作るには、常に腸内を善玉菌が多い状態を保つことが大切になるのです。

<乳酸菌による癌抑制効果のマウス実験>

日本における腸内細菌研究の第一人者であり、世界的な権威でもある光岡博士による実験なのですが、

(マウス実験の事例)

乳酸菌を経口投与したマウスに癌細胞(エールリッヒ腹水ガン細胞)を移植したところ、その他の脱脂乳や乳酸などを与えていたマウスよりも、癌細胞増殖を著しく抑えることができたという実験結果があります。

また肝臓がんの発症率が高い「C3H」というマウスがいるのですが、このマウスに大腸菌や腸球菌にクロストリジウムという細菌を添加したものを与えると100%大腸癌を発症するのですが、無菌状態のそのマウスに大腸菌や腸球菌に加えてラクトバチルスという乳酸菌を添加すると、100%だった発がん率が55%にまで低下し、さらにビフィズス菌を加えると45%にまで低下したという結果になりました。


このような実験データは、乳酸菌の発がん抑制効果を実証している説得力のあるデータだと思いますが、マウスだけでなく対人でも様々なデータは存在しており、これは例えば、

(対人による事例)

フランスで1000人以上の乳がん患者と健康な人の腸内を調べ比較してみると、健康な人は普段から発酵乳を摂取している人の割合が明らかに多かった

オランダで数百人のすい臓がん患者と健康な人を比べると、日頃からヨーグルトやチーズの消費量が多い人ほどすい臓がんの発生率が低かった

日本でも100人近くの膀胱がん患者に対して、ラクトバチルス菌を与えて経過を見ると与えていたグループでは手術後の膀胱がん再発率が50%程度だったことに対し、与えていないグループの再発率は80%以上を超えたという結果になった


<胃がんを予防するのにも有効的>

日本の癌患者の中でも死亡例が非常に多い胃がんにおいても、予防という意味で乳酸菌を摂ることは効果的でおすすめです。

この具体的な理由としては、胃がんの大きな原因でもある「ヒリコバクターピロリ」に対して働きかける効果が乳酸菌にはあるからで、そもそもこのピロリ菌というのは胃壁の細胞を攻撃してダメージを与えるなどの働きを行い、それによって胃がんへのリスクが上がってしまうわけです。

そもそも、日本でピロリ菌に感染している方というのは6000万人以上いるとも言われており、特に高齢者に多くまた感染していない人と比較すると、なんと5倍以上もの胃がん発症リスクがあるとされています。

そういう中で、BF-1株やロイテリ菌などのピロリ菌の活性化や除菌効果のある乳酸菌を摂るということは、胃がんを発症させる予防に大きくつながるでしょう。

<ビフィズス菌などの乳酸菌を日頃から摂ること>

上のデータのようながん患者に対しての実験結果というのは、もっと詳しく調べればいくらでも事例が出てくるのですが、このような結果というのはやはり癌を予防するという目的で乳酸菌を摂取することはかなり有効であり、普段からバランスを整え善玉菌優位の腸内を作り上げていくことが重要になります。

では善玉菌を増やすにはどうすれば良いかというと、生きた乳酸菌を腸内に届けてあげるという方法が考えられるでしょう。

その癌に有効な乳酸菌の中でもビフィズス菌の効果が注目がされていて、ビフィズス菌は腸内で乳酸や酢酸といった酸を生成して、悪玉菌を減少させて善玉菌の増殖を助けてくれる働きがあります。

そしてビフィズス菌の一番の特徴は、悪玉菌によって生成された発がん性物質を吸着して体外に一緒に排泄してくれることにより、体内への発がん性物質の吸収を防いでくれるという点です。

この他にもビフィズス菌は免疫機能を活性化して免疫力を高めてくれたりと、腸内にとても良い効果をもたらしてくれます。

ですので、癌を予防するには食物繊維の豊富な食生活や生活習慣の見直しなども非常に重要なのですが、同時に乳酸菌もしっかりと摂取することによって癌への予防効果が高まるといえるでしょう。



話題の乳酸菌サプリ25商品を、実際に購入して試してみました!

姉妹サイト