@乳酸菌サプリメント口コミ比較TOP>乳酸菌と疲労物質の乳酸の関係性

乳酸菌と疲労物質の乳酸は何か関係があるのか?

乳酸菌は摂取されると腸内で乳酸を作り、悪玉菌の苦手な酸性の環境を作る事で知られていますが、トレーニングをおこなった際に疲労物質として発生する乳酸は、ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌と何か関係性があるのでしょうか?

摂取して体内に取り込んだ乳酸菌に含まれる乳酸は、胃で分解され腸内で善玉菌のエネルギー源として働いてくれ、善玉菌の増殖を促進したり腸内にあるパイエル板という免疫組織を刺激し、免疫力を高めてウイルスに負けない体を作ってくれたりと体に良い働きをしてくれたり、老化の防止や生活習慣病の改善、癌予防などと様々な効果を期待することができます。

これに対してトレーニングによって溜まってしまう乳酸は、力を出す際にグリコーゲンやブドウ糖などのエネルギー源が分解されてしまう際に発生してし、この時に乳酸は老廃物として溜まってしまい、代謝機能が異常を起こしてしまうことで疲れを感じてしまいます。

その結果、代謝機能が異常を起こしているので当然ですが、細胞に必要な酸素の吸収が困難になり不足した状態になるので、筋肉痛などの原因となります。

この様な事から体内に溜まった乳酸と乳酸菌摂取により生成された乳酸は、働きも性質も全く違った別物で、乳酸菌との関係性はないということができるでしょう。しかし近年では、体内に溜まった乳酸は疲労物質ではないとも言われており、トレーニング中の乳酸は糖などに変化したりして運動エネルギーとして働く事が分ってきました。

また乳酸は代謝機能に異常を起こすどころか、代謝機能を高めて、体内の成長ホルモンを分泌していることも分ってきたので、疲労物質として扱われなくなっているのが現状で、働きは違っても乳酸菌による乳酸と同じように体に良い働きをもたらしてくれる様です。

話がそれてしまいましたが、口から摂取した乳酸菌が疲労物質を生成してしまうことは有りませんし、動物実験でも実証されていますので、乳酸菌は毎日しっかりと摂取するようにすると良いでしょう。



話題の乳酸菌サプリ25商品を、実際に購入して試してみました!

姉妹サイト