@乳酸菌サプリメント口コミ比較TOP>乳酸菌のインフルエンザ予防の効果

インフルエンザ予防には乳酸菌で免疫力を強化!

毎年、秋から冬にかけて流行するインフルエンザですが、近年では乳酸菌がインフルエンザに対して予防効果を発揮することが分かってきました。

インフルエンザはインフルエンザウイルスによって起こる感染症で、このウィルスが発症してしまうと発熱・頭痛・咳・咽頭痛・鼻水・筋肉痛など、とても辛い症状を1週間くらい伴ってしまい、最悪の場合は死にいたるケースもあるのです。

ここで知っておいてもらいたいのが、インフルエンザに感染してしまう原因は、身体の免疫力の低下がかなり大きな原因となっており、健康的な身体であれば体内に余分なウィルスが侵入した場合、身体の免疫細胞が働いてくれてウィルスを攻撃し体内の侵入を防いでくれるのですが、免疫機能が低下していると免疫細胞は正常に働かずに、ウイルスの進入を許してしまい、その結果インフルエンザを発症してしまいます。

また、インフルエンザウイルスは同じウイルスに感染しても抗体を体内で作ることができないので、日ごろから感染しない様に免疫細胞がウイルスに対して活発に働く、健康的な免疫力の高い身体作りが大切だなのです。

そこでウイルスに負けない免疫力を維持するために必要となるのが、腸内環境の正常化を保つことで、一見腸内環境と免疫力は関係性がなさそうに見えますが、腸内には身体の免疫組織の多くが存在しており、腸内環境次第で私たちの健康が左右されると言われるくらい、腸内環境の正常化は重要な事なのです。

上記でウイルスに感染してしまう原因は免疫力の低下と書きましたが、免疫力の低下の原因は、生活習慣や加齢から起こる腸内環境の悪化からも起こります。

このように腸内が悪化してしまうと、腸内に有害菌が増殖してしまい増殖した有害菌は、アンモニアやインドールといった有害物質を生成してしまい、腸内にある免疫組織は働きが鈍くなってしまい、健康維持に必要な免疫細胞までも傷つけてしまいます。

そうなると外敵(ウイルスや細菌)と戦う免疫細胞が減ってしまうので、免疫力は低下してしまうのです。

では免疫組織を正常に働かせるにはどうすれば良いのかというと、普段から乳酸菌を積極的に摂取して腸内に乳酸菌を届ける必要があります。

この乳酸菌は腸内で善玉菌を増やして、便秘や下痢などの整腸効果があることで良く知られていますが、乳酸菌には腸内の免疫組織を刺激して免疫細胞を活性化させる免疫賦活作用もあり、血液中の免疫力を高める白血球の強化にも効果があります。

この様に乳酸菌の摂取は、インフルエンザウイルスにも負けない免疫力を付ける為にもとても重要なのです。

しかし免疫力の高い身体を作るには、乳酸菌を毎日摂取することが大切になるので、継続して乳酸菌を摂取できる様にヨーグルト・納豆・キムチなど乳酸菌の豊富な食品や、乳酸菌製剤・サプリメントなどを毎日の食事にプラスすることをおすすめします。



話題の乳酸菌サプリ25商品を、実際に購入して試してみました!

姉妹サイト