@乳酸菌サプリメント口コミ比較TOP>乳酸菌を継続的に摂取する

一時的ではなく乳酸菌は継続的に摂取するのが重要!

腸内を清潔にして便秘や下痢といった腸内の悪化から起きてしまう症状や、免疫力を高めて癌などを予防改善することで知られている乳酸菌ですが、十分な効果を発揮するには毎日継続して摂取することが大切になります。

これはなぜかと言いますと、私たちの腸内には100兆もの腸内細菌が存在していると言われていて、大きく分けると乳酸菌を含む善玉菌と大腸菌などの悪玉菌とに分けることができます。

この腸内細菌の悪玉菌が便秘や下痢の原因になると聞いたことはあると思いますが、乳酸菌の働きは腸内で乳酸や酢酸といった酸を作る事で悪玉菌を減少させて、私たちの腸内に元々棲息している善玉菌を増やす補助的な働きをしてくれるのですが、乳酸菌には即効性が無く時間をかけて腸内に働くので、一度摂取すれば腸内を善玉菌の多い腸内にするという訳ではありません。

この事実を知らずに、乳酸菌をたまにしか摂取していない方はとても多く、「乳酸菌を摂取したのに便秘が改善されない」と言う声も頻繁に聞かれます。

また数日間乳酸菌を継続して摂取していると善玉菌が一時的に増殖して、便秘や下痢などの慢性症状が改善されるのですが、その際に乳酸菌の摂取をやめてしまう方がいます。そうすると、善玉菌は乳酸菌を摂取しなくなってしまったことで一気に減少してしまい、悪玉菌がすぐに増殖してしまいます。

腸内にある善玉菌は、もともと数が少ないうえにとても勢力が弱いので悪玉菌に負けてしまいます。さらに偏った食生活、不規則な生活習慣、ストレスによっても減少していき、これらの要因が全く無くても加齢に伴って減少していくので、腸内にますます悪玉菌が勢力をましてしまい、また便秘や下痢などの症状を起こしてしまいます。

この様なことから、善玉菌の減少は悪玉菌を腸内に増殖させて身体の健康を危険にさらしてしまう可能性もあるので、乳酸菌を毎日継続して摂取して、健やかな腸内環境維持に努めるよう心掛けましょう。



話題の乳酸菌サプリ25商品を、実際に購入して試してみました!

姉妹サイト