@乳酸菌サプリメント口コミ比較TOP>乳酸菌の高血圧防止の効果

高血圧の防止には乳酸菌で消化吸収機能を強化!

私たちの腸の状態が高血圧と密接に関係しているのですが、高血圧は現在では非常に発症率の高い日本人の生活習慣病の一つで、そもそも高血圧になる原因は日頃の生活習慣の不摂生や、加齢による血管の老化といわれています。

日頃の生活習慣の不摂生が腸と高血圧を結び付ける重要な点にるのですが、その不摂生の中でも特に注目したいのが食生活になります。

近年、私たちの食生活は脂肪分の多い食事がメインになりました。脂肪分の多い食事は悪玉コレステロールや中性脂肪を多く含んでおり、私たちの腸内環境を悪化させてしまう働きを強めてしまいます。

私たちの腸内には善玉菌と悪玉菌が常在しているのですが、脂肪分の多い食事は悪玉菌を増やしてしまい腸内を腐敗させて、有害物質を発生させてしまいます。

このことが原因で慢性的な便秘の原因などになってしまいます。またコレステロールの消化吸収機能が低下してしまい、腸内に溜まってしまいます。

このようにして腸内の機能が低下すると脂肪の消化も上手く行なわれなくなってしまい、体内に余計な中性脂肪や悪玉コレステロールを腸内で吸収してしまい、それを血液中に含んで身体に循環させてしまうので、血管内に付着してしまい血管が収縮して動脈硬化へと繋がり、結果的に高血圧につながる大きな原因になってしまうことがあります。

この高血圧の原因となる、中性脂肪と悪玉コレステロールを吸収しない為には腸内を健康的に保つ必要があり、腸内環境が善玉菌が多い状態になると腸内での消化吸収機能もとても優れているので、便が余分な中性脂肪と悪玉コレステロールを吸着して体外へ一緒に排泄してくれます。

この様に腸内環境に善玉菌を増やすことで高血圧を防ぐことが可能なのですが、善玉菌を増やすには腸内に乳酸菌を届けることが非常に重要で、乳酸菌の働きは悪玉菌を腸内から減少させる酸を生成し、腸内の消化吸収を高めてくれる効果がありますので、高血圧の原因となるコレステロール値を下げてくれる作用があるのです。

しかし乳酸菌は生きたまま腸内に届ける必要がありますので、乳酸菌を含むものが全てが効果的ということではなく、乳酸菌は酸に弱く腸内まで届くまでにほとんど死滅してしまうのが事実で、乳酸菌を摂取する場合は酸に強い乳酸菌の摂取が望ましいとされています。

高血圧防止には、腸内環境を乳酸菌の摂取によって良好に保つことがとても良いといえますがこの他にも、脂肪分が少なく食物繊維の多い食事や、適度な運動を取り入れることも非常に重要となりますので、生活習慣改善も心掛けておくと良いでしょう。



話題の乳酸菌サプリ25商品を、実際に購入して試してみました!

姉妹サイト