@乳酸菌サプリメント口コミ比較TOP>乳酸菌の口臭防止の効果

口臭の防止には乳酸菌で有害物質の生成を抑制する!

口臭の主な原因は、口の中に溜まった歯石やその歯石をエサとしている細菌で間違いないのですが、腸内の環境悪化からも口臭は発生してしまいます。

そのメカニズムは、腸内には知っての通り善玉菌と悪玉菌がいるのですが、この二つの細菌群のバランス次第で腸内の環境悪化を招いてしまいます。

腸内の環境が良好の状態というのは腸の中に善玉菌が多く棲息している状態をいい、善玉菌の数が多いことで摂取した食べ物の消化吸収が正常に行われます。そして身体に必要のない余計な老廃物を便と一緒に体外へ運んでくれます。

しかし腸の中に悪玉菌が増殖してしまうと、この消化吸収が異常を起こしてしまいます。これはなぜかというと悪玉菌は老廃物を腸に溜め込んでしまう性質があり、その溜まった老廃物は腐敗・発酵し、腸内で有害なアンモニアや硫化水素を生成します

そしてこの有害物質を異常を起こした腸が誤って体内に吸収してしまい、肝臓で血液中に運ばれ有害物質が肺に達して呼吸をする際にでてしまうことで、口臭の原因となるのです。

便秘の人や風邪をひいてしまうと息が臭くなると聞いたことがあると思いますが、これは便秘や風邪を引くと免疫力が低下し、腸内が悪化してしまい上記の様なことが作用しているからです。

口臭は周りを不快にしてしまうこともありますので、誰もが改善したいと考えていると思いますが、改善の為には善玉菌を増やして腸内の環境を良好にすることが重要で、そこで乳酸菌を多く含む食品の摂取がおすすめで、乳酸菌を摂取することで腸内に善玉菌を増やすことができ、余計な老廃物を体外へ排泄することで有害物質の生成も抑制することができるからです。

乳酸菌と口臭とは関係がない様に感じますが、口臭は腸と深く関わっていますので、口臭が気になる方は積極的に乳酸菌を摂取することによって改善・防止することに努めましょう。



話題の乳酸菌サプリ25商品を、実際に購入して試してみました!

姉妹サイト