ラクトコートについて解説

ラクトコートはアサヒフードアンドヘルスケアが販売している整腸剤で、胃酸などで溶かされてしまうことがない様に腸溶性フィルムコーティングが施されており、主成分として、ビフィズス菌・フェカリス菌・アシドフィルス菌という3種類の乳酸菌が配合されています。

ビフィズス菌は腸内環境を整えてくれ、フェカリス菌は異常を起こしてしまった腸内菌そうを正常にしてくれ、アシドフィルス菌はお腹に悪い症状を及ぼす悪玉菌の増殖を抑制してくれる働きがあります。

この3つの乳酸菌はビオフェルミンというCMでも有名な整腸薬にも含まれており、下痢や便秘や腹部膨満感などの改善に対して同じような効能が期待できます。

ですがラクトコートとビオフェルミンの違った点として挙げることができるのが、ラクトコートは空腹時でも服用が可能という点です。

通常ですと、整腸剤や整腸薬を服用する場合は空腹時を避けて服用するのですが、これは空腹時の胃の中は強酸性の胃酸でいっぱいになっているので、その状況で整腸剤や整腸薬を服用しても、腸内に行き届く前に胃の中で乳酸菌が死滅してしまい効果が低くなってしまうので、胃の中の酸性が弱くなった食後に服用することが望ましいとされています。

しかしラクトコートは腸溶性フィルムコーティングが施されているので、胃酸による乳酸菌の減少を気にすることなく腸内で溶けるので、空腹時など気にせずにいつでも服用することができますので、仕事などが忙しくなかなか規則正しい時間帯に食事を摂ることが難しい私たちにとって、とても便利で手軽に服用することができる整腸剤といえるでしょう。

また乱れた食生活で肉類ばかり食べていて、食物繊維が不足してしまうと便秘になりやすくなるのですが、ラクトコートには添加物として腸を活発にする食物繊維セルロースを含んでいて、このセルロースは消化液で消化されることなく悪玉菌など腸に有害な物質を吸着して、腸を活発にして便通の流れを良くしてくれます。

ラクトコート注意点として、透析療法を受けている人やあまりにも長期に渡って連用してしまうと、症状をが悪化させてしまう副作用を引き起こす可能性がありますが、この様にラクトコートは、便秘などで困っている方や腸の調子が悪く食事に時間が取れない方にとっては、おすすめできる整腸薬でしょう。



薬より自然&クセにならない乳酸菌サプリ!【全てレビュー済み】

姉妹サイト