ミヤBMについて解説

ミヤBMは抗生物質や化学療法剤を服用した時などで、腸内環境悪化による腸内腐敗を抑制する酪酸菌を成分として、下痢や便秘などの改善をしてくれる酪酸菌製剤で、また急性腸炎や慢性腸炎などにも用いられることがあるお薬です

ミヤBMは主だった副作用もなく安全性の高いお薬なのですが、牛乳アレルギーの人にまれに強いアレルギー反応を起こす場合があるようですので、あらかじめ自覚している方は、服用時に医師に相談するようにしましょう。

もともと腸内環境の悪化の原因として腸内には、腸に良い働きをしてくれる善玉菌と腸に悪い影響を与えてしまう悪玉菌とそのどちらでもない日和見菌が混在しています。

腸内の生態系が善玉菌が多い状態を維持していれば、下痢や便秘などの症状は起こることがないのですが、バランスの悪い食生活やストレスなどが原因で腸内に悪玉菌が増加してしまい、腸内の生態系に異常を起こしてしまうことがあります。

私たち人間の身体は、生まれて間もない頃には善玉菌が腸内を多く棲息しているのですが、歳を重ねるに連れて善玉菌は減少し、悪玉菌が増殖してしまいます。

その結果として下痢や便秘、腸炎などの症状が起こってしまったり、癌などの生活習慣病の原因になったりしてしますのです。

摂取した食べ物は、全て腸内で消化吸収され酸素と一緒に血液と一緒に運ばれていくので、腸内が悪化している状態だと消化吸収が上手く機能しなくなりますので、常に善玉菌が豊富な正常な生態系を維持することが重要なのです。

また風邪やウイルス性の病気になってしまった場合、抗生物質の処方が病院でされた際に、腸内では善玉菌も悪玉菌も死滅してしまい、腸内が異常を起こし下痢になってしまうことがあり、この時にも乳酸菌を摂取すると良いのですが、摂取した乳酸菌は抗生物質によって殺菌されてしまいます。

これに比べミヤBMの主成分である酪酸菌は、腸で発芽して増殖し悪玉菌を抑制してくれます。

酸に対しても抵抗力がとても強く、また抗生物質服用時にも死滅することがなく、腸内で発芽して下痢の症状を予防してくれる効能が期待できます。

一概にも乳酸菌よりも酪酸菌が良いとはいえませんが、ミヤBMは腸内にしっかり作用して腸悪化症状にとても効果でしょう。



薬より自然&クセにならない乳酸菌サプリ!【全てレビュー済み】

姉妹サイト