ミヤリサンについて解説

(このページを読むのに必要な時間の目安:約2分50秒)

ミヤリサンは、ミヤリサン製薬株式会社が1940年から製造・販売をしている歴史のある一般用整腸剤です。

食べ過ぎ、お腹の冷え、消化吸収の鈍化、抗生物質の服用などが原因で腸の状態が悪化することで起こる下痢や便秘の症状に対して、腸内環境を整え腸の動きを活発にしてくれるお薬です。

このページでは、ミヤリサンの効果や副作用などの詳細情報について紹介していきます。

ミヤリサンの詳細情報

ミヤリサンの中に含まれる有効成分で一番注目すべきなのが、なんといっても酪酸菌(宮入菌)でしょう。

この酪酸菌(宮入菌)は1933年に宮入近治博士によって発見され、「ミヤリサン」や「ミヤBM」などミヤリサン製薬株式会社が製造している薬にしか含まれていません。

そしてこの酪酸菌(宮入菌)は、人間の消化管内常在菌として知られており、腐敗した悪玉菌などの消化管病原体に対して強い拮抗作用があります。

この酪酸菌は腸の中で発芽してゆっくりと増殖しいき、同時に消化酵素の補助的役割のあるビタミンB群を生成し、腸の働きを正常にする効果があります。

ミヤリサンと強ミヤリサンの違いとは?

薬局やドラッグストアで市販されているミヤリサンにはいくつかの種類があり、その中でもよく見るのが「ミヤリサン錠」「強ミヤリサン錠」でしょう。

この2つの違いは酪酸菌の含有量が違うだけで、含まれている成分は全く一緒です。

具体的には、通常のミヤリサンには1錠中に10mgの酪酸菌が入っており、強ミヤリサンは1錠中に30mgの酪酸菌が入っています。

それぞれを比較すると、ミヤリサンであればその日のお腹の調子に合わせて錠数を細かくコントロールできる点、強ミヤリサンは1回の量や飲む回数が少なく済むところがメリットになるでしょう。

また酪酸菌以外に添加物として、乳糖、トウモロコシデンプン、結晶セルロース、ステアリン酸マグネシウムなどが含まれています。

酪酸菌(宮入菌)が含まれているその他の薬

上で解説した2つ以外にもミヤリサン製薬株式会社の製品は存在し、

・新ミヤリサンアイジ整腸薬

酪酸菌にビタミンB2・B6がプラスされており、3ヶ月上の乳幼児・赤ちゃんや小さい子供でも安心して摂ることができます。


・ミヤリサン-W

酪酸菌にパンクレアチン、セルラーゼAP3、ジアスメンSS、ポリパーゼ1000という4種類の消化酵素を配合し、消化・吸収をサポートし便通を整えます。


・ミヤリサンU錠

酪酸菌に加えて、伝統的な動物由来生薬の主成分のウルソデオキシコール酸を配合しており、胃腸の働きを活性化しながら、胆汁の分泌を促進して脂肪の消化を助けます。

またこのウルソデオキシコール酸は、コレステロールを抑えたり中性脂肪を抑制する効果も確認されている成分です。


・ミヤBM

病院など医療機関で扱われる医療用医薬品で入手には医師からの処方が必要。錠剤と顆粒の2種類があります。


以上が、ミヤリサン製薬株式会社が製造・販売している酪酸菌入りのお薬になります。

胃がもたれる、便秘で便が出ない、軟便や下痢が続いているなどの症状でお悩みの方に、ミヤリサンはとても効果的な消化整腸薬でしょう。

また整腸薬としてだけではなく、手掌や足底に膿疱ができる皮膚病の一つである掌蹠膿疱症の治療にも有効ということで、多くの方から愛用されています。

ミヤリサンによる副作用について

用法・用量をしっかりと守っているのであれば、ミヤリサンを服用することで副作用や危険な症状が出ることはまずないでしょう。

含有量が異なるだけで成分が同じ処方薬のミヤBMでも、副作用やリスクに関する報告はされていません。

ただしミヤリサンを使用した方よれば、「一時的に便秘が悪化した」、「下痢になった」、「便が緩くなった」などの口コミも見られます。

またこれは個人的な体験談なのですが、私も数年前に便秘の改善と美容目的でミヤリサンを使ったビオチン療法を2週間ほど行いました。

その結果自分とは相性が合っていなかったのか、ミヤリサンを飲んでいる期間はお腹の調子が悪く軟便気味になってしまい、そのせいでビオチン療法を途中で断念した経験があります。



薬より自然&クセにならない乳酸菌サプリ!【全てレビュー済み】

姉妹サイト