乳酸菌を摂ると虫歯になったり、歯に悪いというウソ

整腸効果のある乳酸菌入りのヨーグルトを食べたり、乳酸菌飲料を飲み続けたら虫歯になってしまったと言う方がいたりしますが、そのようにな方は虫歯になる原因を乳酸菌に関連付けて、乳酸菌が虫歯を進行させているなどとも考えています。

しかし結論から言うと、虫歯になる原因と乳酸菌には全く関連性はありませんし、乳酸菌は虫歯を進行させたりしません。虫歯の原因は、ヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれる大量の砂糖が関係しています。

またヨーグルトや乳酸菌飲料は粘着質なため、大量に砂糖を含んでいるヨーグルトや乳酸菌飲料は歯に長い時間付着したままの状態になり、その結果として虫歯になりやすいとも言われています。

腸内には、善玉菌と悪玉菌が存在していて実は口の中にも善玉菌と悪玉菌が存在しています。虫歯になる原因は、口の中に存在する悪玉菌で乳酸菌などの善玉菌と似た働きをするミュータンス菌という悪玉菌が存在します。

このミュータンス菌は、乳酸菌と同じで糖分を分解して酸を生成します。その酸によって歯が溶けてしまうことで虫歯になってしまいます。この一連の作用が乳酸菌と同じな為に、悪玉菌であるミュータンス菌を乳酸菌と勘違いして、これが乳酸菌は虫歯を進行させていると言われる原因になるのでしょう。

この様に勘違いされてしまっている乳酸菌ですが、むしろ乳酸菌を摂取することで虫歯を予防することができます。

先ほどの虫歯の原因であるミュータンス菌を、乳酸菌は特殊な酵素を発生させて殺菌することができます。実際に実験でもミュータンス菌と虫歯予防効果のある乳酸菌を混ぜたところ、ミュータンス菌は減少されていたと実証されています。

虫歯になってしまう原因はこの他にも様々なことが考えられますが、ヨーグルトなどで乳酸菌を摂取する場合は、無糖のものを選んでしっかりと食後の歯磨きを忘れずに、口の中を清潔に保つことによって、虫歯になりにくい歯を作ることができると言えるでしょう。



話題の乳酸菌サプリ25商品を、実際に購入して試してみました!

姉妹サイト