@乳酸菌サプリメント口コミ比較TOP>乳酸菌のO-157予防の効果

O-157の予防には乳酸菌で善玉菌を増やす!

食中毒と聞くとO−157がすぐに頭に思い浮かぶ程に、O−157は食中毒の原因の代表格になってしまっていますが、これはテレビでよく耳にするだけで実際には感染経路も知らないし、どの様な症状があるのかも分からないという方がほとんどだと思います。

簡単に説明するとO−157は腸管出血性大腸菌に1つで、その感染経路は腸管出血性大腸菌が増殖した食べ物を食べてしまったことで感染してしまいます。

感染してしまうと下痢を伴った強い腹痛や発熱が症状として現れ、腸内で出血があった場合には血便が出てしまうこともあります。そして最悪の場合は、合併症を伴って死に至るケースもあるとても怖い大腸菌です。

このO-157の感染を予防・改善するには、腸内の環境を常に整えておく必要があります。これはなぜかと言うと、健康的な腸内は善玉菌が多く存在していて外からの有害な細菌の増殖が困難な腸内環境を作っているからです。

この環境が崩れてしまうと、腸内に悪玉菌が多くなってしまってアンモニアなどの有害物質を発生し、腸内をアルカリ状態にしてしまい、外からの有害な細菌の増殖を促進してしまいすので、O-157に感染しない為にも、意識的に善玉菌を増やすことを心掛ける必要があります。

中でもビフィズス菌という乳酸菌が、O-157に対してとても効果的に作用するとされています。このビフィズス菌は整腸効果だけでなく、腸内で乳酸、酢酸、キ酸を生成して腸の粘膜に防壁を作って保護し、O-157の発生する毒素の侵入によって引き起こる炎症を防ぐ効果が期待できるのです。

このビフィズス菌はもともと私たちの腸内に最も多く存在する細菌なのですが、ストレスや生活習慣、加齢などによって減少してしまいます。減少を抑えて腸内に再びビフィズス菌を増殖させるには、ビフィズス菌を含む乳酸菌を摂取することで可能となります。

これらを摂取する事で、腸内にビフィズス菌以外の善玉菌の増殖にも繋がり、O-157に感染してしまった場合でも腹痛や下痢などを軽減させてくれる効果なども期待できますので、普段から欠かさずにビフィズス菌を多く含んでいるヨーグルトやサプリなどを摂取すると良いでしょう。



話題の乳酸菌サプリ25商品を、実際に購入して試してみました!

姉妹サイト