パンラクミンについて解説

パンラクミンは、トータルヘルスケアで有名な第一三共ヘルスケアが製造・販売している整腸薬です。

スムーズな排便が起こらず慢性的な便秘や軟便が続く方、消化不良を解消したい方、腹部膨満感に悩む多くの方から選ばれ、口コミでも安定した評価を得ているお薬です。

このページでは、ミヤリサンの効果や副作用などの詳細情報について紹介していきます。

パンラクミンに含まれる成分について

<有胞子性乳酸菌「ラクボン」>

パンラクミンの主成分は、「ラクボン」という有胞子性乳酸菌になります。

通常の乳酸菌は熱や胃酸に弱く、腸に届く途中でほぼ死滅してしまいますが、このラクボンという有胞子性乳酸菌は耐熱性に優れ、酸にも強いという特徴を持っています。

また有胞子性乳酸菌は名前の通り、胞子を形成して硬い殻で菌を守っていますので、非常に保存性に優れており保有している菌の数を一定の状態で維持してくれます。

腸の中で胞子が発芽して活発に増殖するので、腸内に増殖した悪玉菌を抑制してバランスを保ち、善玉菌の代表格であるビフィズス菌が増えやすい環境を作る効果があるのです。

この様な働きや特徴が上手に作用し、便秘や軟便、お腹の張りを抑えてくれる働きが期待できるのです。

またラクボンは医療機関で処方される「ラクボン散」という薬でも使われており、胃痛や下痢の改善など幅広い用途で使われています。

<タカヂアスターゼN1>

次にパンラクミンは、消化酵素タカヂアスターゼN1という成分が配合されています。

この消化酵素タカヂアスターゼN1は、炭水化物やでんぷんなどの糖質、またタンパク質の消化にも優れている消化酵素になります。

ですので栄養バランスの悪い食事や外食ばかりで食生活の乱れによる、消化不良や食欲不振、胃もたれなどを改善してくれる効果が期待できる成分です。

またラクボン菌を発育するにも、このタカヂアスターゼN1と次に解説するビオチンは重要な役割を果たしてくれます。

<ビオチン>

ビオチンは、ビタミンB群に分類されビタミンHの別称になります。

このビオチンは食品からの補給と腸内細菌の合成によって生成されますが、それだけでは必要量を維持できず不足しがちな栄養素です。

そしてビオチンが欠乏してしまうと、腸内環境のバランスが崩れて悪玉菌が増えてやすくなってしまい、それによって食欲不振や疲労感など様々な病気を発症するケースすらあるのです。

パンラクミンでは主成分であるラクボンの発育・増殖を促す成分として配合されており、腸内フローラの改善に重要な役割を果たしてくれるのです。

パンラクミンの用法・用量と副作用について

パンラクミンは15歳以上で1回3錠を1日3回まで、11歳以上〜15歳未満は1回2錠を1日3回まで、5歳以上〜11歳未満は1回1錠を3回までで、5歳未満の方の服用は禁止されています。

取り方は薬を水で流し込むほか、錠剤を噛み砕いて飲み込んでも構いません。

5歳以上の方で用法・用量を守って摂取している場合、副作用などのリスクを心配する必要がないほど安全なお薬です。

またパンラクミンには胎児に悪影響のある成分は含まれていないので、妊娠中の妊婦の方や授乳中の方の服用も問題ありません。

ただし家族がアレルギー体質の人や、以前薬を服用してアレルギー症状を起こしたことがある人などは注意が必要です。

また服用後に発疹・発赤、皮膚のかゆみなど副作用の症状が発生した場合は、速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。



薬より自然&クセにならない乳酸菌サプリ!【全てレビュー済み】

姉妹サイト