パンラクミンについて解説

パンラクミンは、トータルヘルスケアで有名な第一三共ヘルスケアが製造・販売している整腸薬です。

パンラクミンは有胞子性乳酸菌を主成分にしており、普通の乳酸菌は熱にそれほど強くないのですが、この有胞子性乳酸菌は熱に強く耐熱性に優れ酸にも強いため、生きたまま食品などに利用しても死滅することがほとんどないと言われています。

有胞子性乳酸菌の最も大きな特長としては、保存性に優れている点です。名前の通り胞子を形成している乳酸菌のため、どのような状態でも安定した状態で保有している菌の数を一定の状態で維持できます。

また腸の中で胞子が発芽し、活発に増殖するので腸内に増殖した悪玉菌を抑制して腸内のバランスを保ち、善玉菌の代表格であるビフィズス菌が増えやすい環境を作る効果があります。

この様な働きが作用して、便秘や軟便やお腹の張りを抑えてくれる働きがあります。

そしてパンラクミンには有胞子性乳酸菌の他に、消化酵素タカヂアスターゼN1を配合しているのですが、消化酵素タカヂアスターゼN1はでんぷんの消化に大変優れており、タンパク質の消化作用も豊富に含んでいる消化酵素で、これは一人暮らしなどで偏りがちな食生活の乱れにより起こる、消化不良や食欲不振、胃もたれなどを改善してくれる効果が期待できる成分です。

有胞子性乳酸菌であるラクボン菌の発育にはタカヂアスターゼN1が重要になり、これに加えてビオチンも発育に必要となります。

ビオチンとはビタミンB群に分類されるビタミンで、有胞子性乳酸菌の増殖に必要な成分となり、腸内菌叢の際に非常に重要な役割を果たします。

このビオチンが欠乏してしまうと腸内のバランスが崩れて悪玉菌が増えてしまい、食欲不振や疲労感など様々な病気を発症してしまう場合があります。

この様に胃や腸に効果的に働く成分が含まれているパンラクミンは、整腸、便秘、食べ過ぎ、消化不良などの症状でお悩み方に適した整腸薬といえるでしょう。

ただし家族がアレルギー体質の人や、以前薬を服用してアレルギー症状を起こしたことがある人などは注意が必要なこと、また服用後に発疹・発赤、皮膚のかゆみなどの副作用が発生した場合は、服用前に医師・薬剤師に相談するようにしてください。



薬より自然&クセにならない乳酸菌サプリ!【全てレビュー済み】

姉妹サイト