ラックビー微粒Nについて解説

ラックビー微粒Nは、腸内環境を整えてお腹の調子を良くしてくれるビフィズス菌製剤です。

腸内には生態系があって動物社会でも同じことがいえるのですが、元々弱い動物が強い動物に消費されて生態系が成り立っていますが、この生態系が逆転してしまうと環境の変化などが起きてしまいます。

それと同じで、腸内でも元々人間の体には生まれて間もない頃には、善玉菌であるビフィズス菌で腸内が満たされており、悪玉菌はほんの少ししか棲息していません。

しかし、体調を崩したりだんだん歳を重ねるにつれて、善玉菌は腸内から減少してしまい、腸内に悪玉菌が増えてしまいます。

そうすると腸内を腐敗させてしまい、便秘や下痢の原因になってしまうのですが、この様な症状を予防・改善してくれる効能があるのがラックビー微粒Nです。

ではどの様にして腸内環境を整えてくれるのかというと、ラックビー微粒Nの主成分で善玉菌として有名なビフィズス菌が生きたまま腸内まで届けて、様々な原因で減ってしまった善玉菌を増殖させます。

ビフィズス菌には酸性の物質を合成する作用もあるので、腸内に溜まってしまった有害な悪玉菌の棲息しにくい環境を作り、増殖を抑制して腸内での細菌の生態系を正常に戻し、腸内環境を整えてくれます。

その結果、腸内に善玉菌が増えた状態となるので、便秘や下痢などの症状が改善される効果が期待できます。

特徴としては主成分にお腹に優しいビフィズス菌を使用しているので、赤ちゃんから高齢者の方まで安心して利用ができ、用量としては年齢によって変わってきますが、成人の方の場合は、通常1日3回服用が決まっていますが、効果には個人差がありますので効果がでないからといって、飲みすぎたり飲まなくなったりせず必ず用法と用量を守る様にしましょう。

ラックビー微粒Nの副作用についてですが、発疹や腹部膨満感が報告されておりますので、ラックビー微粒Nを使用される場合は薬などで発疹やアレルギーを起こしたことがある方は、必ず医師又は薬剤師に相談してから使用する様にしましょう。



薬より自然&クセにならない乳酸菌サプリ!【全てレビュー済み】

姉妹サイト