ラックビーRについて解説

ラックビーRは興和株式会社が製造・販売している耐性乳酸菌製剤で、耐性乳酸菌とは簡単に説明すると抗生物質によって排除されてしまう善玉菌を補う乳酸菌です。

なぜ抗生物質で善玉菌が排除されるのかというと、抗生物質の役割は病気の原因となる病原菌の死滅や増殖を抑制することなのですが、抗生物質はお腹に良い善玉菌も一緒に殺してしまう場合があります。

そうすると腸内菌そうに異常を起こしてしまい、お腹の調子が悪くなってしまいます。

そこでラックビーRに含まれている耐性乳酸菌の役割は、風邪や歯の抜歯などをした際に、有害な微生物の発育を防ぐ為に処方されることが多い、抗生物質の熱に耐え死滅すること無く腸にまで生きたままいきわたり、抗生物質による腸内菌そうの異常を防いで、下痢や柔らかくなりがちな便を防ぐ効能が期待できます。/p>

ラックビーRの用法・用量は、通常1日3回に分けて毎食後に抗生物質と一緒に飲みます。

なぜ毎食後に飲むかというと、空腹時に飲んでしまうと胃の中は強い酸性で満たされており、乳酸菌が死滅しやすい状態になっているため、一部の乳酸菌しか腸にまで生きてて届かなくなり効果があまり無くなってしまうからです。

その為、食後に服用すると胃の中は酸性が弱くなっているので、乳酸菌は死滅することが少なくなり効き目が良くなります。

注意点としては牛乳にアレルギーがある方は服用することができません。これはラックビーRには牛乳由来の成分が含まれていますので、服用してしまうと下痢や嘔吐などの消化器症状や発疹などが出てしまう恐れがありますので、牛乳アレルギーの症状に思い当たる方は、必ず服用する前に医師による検査を行なう様にしましょう。

またごく稀に副作用として、吐き気や咳などアナフィラキシー症状を起こすことがありますので、このような症状が出た場合は、すぐに医師又は薬剤師に相談すること、ラックビーRを服用する際には、医師又は薬剤師の指示に従い用法・用量を必ず守って服用するようにしてください。



薬より自然&クセにならない乳酸菌サプリ!【全てレビュー済み】

姉妹サイト