@乳酸菌サプリメント口コミ比較TOP>殺菌と表示されている乳酸菌製品

殺菌されている乳酸菌製品でも腸内でしっかりと働きます!

乳酸菌の含まれている商品にはヨーグルトなどの食品や飲料水、ワインや日本酒の発酵商品など様々な物が存在しています。これらの乳酸菌を含む商品をよく確認してみると、無殺菌や殺菌などの表示が書かれているものが存在します。

「健康や美容の為に乳酸菌を摂ろうと思っているのに、殺菌されていたら意味ないのでは?」、「菌が生きたまま腸に届くことが大事だと聞いているのにこれってどうなの?」と思う方もいるでしょう。

実際のところ、殺菌と表示されている商品の中の菌はやはり死んでいます。

ではその死んでいる菌を体の中に取り入れても何の効果もないのかというとそうではなく、「生菌・死菌」には関係なく摂り入れること自体が腸内環境を良くするためには大事だということで、このページではそれらのことについて詳しく解説していきましょう。

<なぜ生きている菌をわざわざ殺菌処理するのか?>

そもそも食品に乳酸菌が使われている大きな理由は、体に良い効果をもたらしてくれる効果が期待できることと同時に、程よいさっぱりとした酸味や香りをプラスしておいしさが増すことが理由となっています。

このさっぱりとしたおいしさは、乳酸菌が分解された際に生成する乳酸が基となっているのですが、一部の乳酸菌商品の場合にはその酸味が一定数を超えてしまうと、酸が強いため容器が溶けて破損してしまう原因になることや、旨味が減少してしまうので商品にすることができないなど品質上の問題から、乳酸菌を低温加熱で殺菌して死滅させています。

特に乳酸菌飲料にはこの処理されている物が多く、さっぱりとした酸味を保つにはやはり殺菌処理が必要になります。

またアルコール商品を醸造する際に、雑菌として扱われるアルコールに強い乳酸菌が存在するのですが、この乳酸菌はお酒の発酵の促進を早めて腐らせてしまうことがありますので、この乳酸菌も低温で加熱処理が施されます。

<殺菌された乳酸菌でも腸には効果的な働きをしてくれる!>

このように加熱処理された乳酸菌は死滅していることから、生きたままの乳酸菌が効果を発揮すると言われている影響もあって勘違いしてまいがちなのですが、実際には乳酸菌が死滅した状態でも乳酸菌が生成する乳酸自体はなくなることがないので、腸内でちゃんと作用します。

また乳酸菌は腸まで届かないでも説明していますが、食品やサプリメントなど体に摂り入れた乳酸菌のほとんどが胃酸によって溶けて分解されてしまっています。

昨今では「プロバイオティクス」や「生きた乳酸菌」というキーワードがテレビCMなどで声高に叫ばれていますが、そのような生菌の商品を摂ったとしても結局は胃酸で分解されて腸に到達するまえに多くが死滅してしまいますし、それらが生きたまま届いてもその菌が腸に定着して善玉菌を増殖させるというわけではありません。

つまり摂取する前の生菌・死菌というのはあまり関係がなく、どちらも体や腸内環境には良いという風に考えられ、

それがたとえ殺菌処理された死菌であったとしても、腸内に届くことで善玉菌のエサとなったり、腸内に溜まった老廃物や有害物質を吸着して一緒に体外に排泄する働きや、免疫細胞を活性化させ健康的な病気に対して強い体を作ったりしてくれる効果がちゃんとあるのです。

というわけで解説は以上になりますが、このページのまとめると乳酸菌は「生菌・死菌」どちらを摂っても効果的だということ。

商品を購入する時に、成分表示ラベルに加熱殺菌乳酸菌などと書いてあると購入を躊躇してしまいそうになりますが、死滅してしまった状態でも無殺菌の乳酸菌商品と同じように、しっかりと腸内で働いてくれるので効果については問題点はありません。

ですので乳酸菌商品を選ぶときは殺菌・無殺菌という表示はあまり気にせずに、「自分が美味しいと感じるかどうか」や「自分と相性が合う合わない」などを基準にして、商品を選ぶようにすると良いでしょう。



話題の乳酸菌サプリ25商品を、実際に購入して試してみました!

姉妹サイト