1日に必要な乳酸菌の摂取量について解説

健康の源となる乳酸菌ですが、その効果を出すために必要となる乳酸菌の1日の摂取量は、食品から摂取する場合は以外に多く、200〜300グラムほど必要だと言われています。なぜこんなに必要かというと、腸内の環境を整えるには乳酸菌の数が大量に必要になるためです。

私たちの腸内には善玉菌と悪玉菌が棲息しているのですが、その二つの細菌を合わせると100兆個も含まれているといわれており、この善玉菌と悪玉菌がバランスを保つことで腸内環境が良好になり健康の維持が可能となるのですが、善玉菌は悪玉菌に比べてとても弱い細菌なので、乳酸菌の摂取量が少ない場合はうまく機能せず、悪玉菌が増えてしまいます。

悪玉菌はとても生命力が強いため、この状態を放置しておくと、ますます勢力を拡大して腸内に危害を与えてしまいます。そうならない為にも、1日にこれだけの乳酸菌の摂取量が必要になるのです。

しかし、これだけの乳酸菌の含まれる食品を食べるのはなかなか難しく、乳酸菌が豊富に含まれるヨーグルトを200グラム食べるとお腹一杯になりますし、他の食品をバランス良く食べることを考えるだけでも難しいと感じてしまいます。

ヨーグルト以外も食べると良いのではないかと思う方もいるかもしれませんが、乳酸菌にも食品の味を整えるだけの物や色々な種類があるので、一概にもただ乳酸菌を含む食品を食べれば良いとはいえません。

そこで一日に必要な摂取量をとる際におすすめなのが、厚労省が推進している特定健康栄養食品マークの付いている乳酸菌飲料です。この中には乳酸菌が含まれている数がとても豊富なため、効率良く腸内の善玉菌を増やすことが可能になります。

また乳酸菌飲料などが苦手な方は、乳酸菌整腸剤や乳酸菌サプリメントなどで補うというのも効率的です。

乳酸菌の摂取を継続することで腸内のバランスを保つことができるので、摂取量に満たなくても毎日、乳酸菌を腸内に届けることが必要です。



話題の乳酸菌サプリ25商品を、実際に購入して試してみました!

姉妹サイト