新ラクトーンAについて解説

新ラクトーンAは、アサヒフードアンドヘルスケア株式会社が製造・販売している乳酸菌整腸薬です。

成分の中に整腸効果を発揮する3種類の善玉菌し、さらに乳酸菌の増殖に栄養豊富なビール由来の乾燥酵母を含んでいます。

このページでは、新ラクトーンAの関する詳細情報を解説していきたいと思います。

新ラクトーンAに含まれる成分

新ラクトーンAの主成分はビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌という3種類の善玉菌で、私たちの身体に最初から含まれている人間由来の菌です。

そしてこれらの菌を継続的に摂取することは、便秘や軟便などの改善につながります。

では具体的にどの様な働きによって、整腸効果を発揮するのかを簡単に説明していきます。

ビフィズス菌

ビフィズス菌は腸内環境を正常に保つ、乳酸菌を代表する善玉菌です。

大腸に棲息する数はおよそ1兆〜10兆個といわれており、これは乳酸菌と比較しても遥かに多く、腸内環境を整える上で最も大切な菌といっても過言ではありません。

主な働きとしては、悪玉菌が作り出す有害物質を抑制し、腸内の収縮運動を活発にする働きがあります。

また腸内で殺菌効果の強い酢酸という物質を生成するのも、乳酸菌にはない大きな役割の1つです。


フェカリス菌

フェカリス菌は乳酸菌の中でも非常に優れた免疫効果があり、花粉症などアレルギー対策や風邪をひきにくい体を作るなど、免疫を高めることに有効な菌になります。

また生きて腸に届けることが大事と考えられている中、フェカリス菌は加熱殺菌によって死滅させることでより効果を発揮する種類の乳酸菌なのです。

その特性ゆえに多くの食品・サプリメントに配合されており、とても安定した働きをしてくれます。


アシドフィルス菌

フェカリス菌は死菌と説明しましたが、その逆にアシドフィルス菌は熱や酸にとても強く、生きて腸に到達する確率がとても高い乳酸菌です。

アシドフィルス菌が生きて届くことで腸内をくまなく掃除してくれ、その効能によって慢性的な便秘・臭いのひどいおなら・下痢などの改善が期待できます。


乾燥酵母

新ラクトーンAに入っている乾燥酵母は、ビールの醸造の際に使われるに使うビール酵母で、「エビオス」や「強力わかも」など、口コミでも評価のい整腸剤にも使われている成分です。

この乾燥酵母には、ビタミン類・ミネラル類・アミノ酸類などたっぷりの栄養素が詰まっています。

そしてこの乾燥酵母と乳酸菌はとても相性が良く、乳酸菌の増殖・発育を補助する働きがあり、乳酸菌の効能をより一層高めてくれるのです。


以上が、新ラクトーンAに含まれている便秘や整腸に効果を発揮する成分になり、健康的な腸内環境を維持するにはとても効果的な乳酸菌整腸薬でしょう。

ですがあくまでも補助と考え、普段から適度な運動やバランスのとれた食事など健康的な生活を心掛けるようにして下さい。

新ラクトーンAの用法・用量と副作用について

新ラクトーンAの用法・用量は、15歳以上で1回6錠、11歳以上〜15歳未満で1回4錠、8歳以上〜11歳未満で1回3錠、5歳以上〜8歳未満で1回2錠です。

そして5歳未満の小さい子供は、のどに詰まらせてしまうなどの危険性を考慮し服用は禁止されています。

上で書いた錠数を、1日3回食後に水と一緒に飲むようにして下さい。

また新ラクトーンAの副作用に関してですが、入っている成分はビフィズス菌・乳酸菌・ビール酵母・ビタミン類など、どれも安全なものばかりなので心配はいりません。

ただ規定量や回数を守らなかったり、相性が良くなかったな場合は、一時的な軟便や下痢のような症状が発生する可能性はありますが、これらも決して副作用ではありません。



薬より自然&クセにならない乳酸菌サプリ!【全てレビュー済み】

姉妹サイト