@乳酸菌サプリメント口コミ比較TOP>乳酸菌を摂取するタイミング

乳酸菌はどのタイミングで飲むのがいいのか?

腸内環境改善に抜群の効果をもたらしてくれる乳酸菌。その乳酸菌の効果を高めるには、摂取するタイミングが重要になるとされているのですが、この摂取する一番良いタイミングとして、食後に乳酸菌を摂取するのが望ましいとされており、そうすることで腸内で効果的に作用するとも言われています。

なぜ食後に乳酸菌を摂取するのが良いかというと、乳酸菌は生きたままの状態でしか腸内での効果が期待できないとされ、生きた状態で腸まで届けることで腸内に増殖した悪玉菌を減少させ、酸を発生して悪玉菌の増殖ができない環境を作り、余計な脂肪分などを吸着して体外へ排泄してくれる整腸効果が高まったり、免疫細胞を活性化させたりします。

口から摂取した物は何でもそうですが、胃の中で分解されて腸内で消化吸収されます。この胃での分解作用が乳酸菌を腸内に生きた状態で届けられるかどうかを左右していて、乳酸菌は酸にとても弱く、胃では摂取したものを分解する為に胃酸を分泌しているので、その結果として乳酸菌は腸内に行きつく前にほとんどが死滅してしまいます。

ですがこの胃酸は空腹時に多く分泌され、満腹時には分泌が弱くなりますので、胃酸の分泌が弱い食後に乳酸菌を摂取することで、少しでも腸に生きたままの状態で乳酸菌を届ける確立を上げることが可能になります。

しかし、今では胃酸から守る為に特殊加工された乳酸菌も存在しており、この乳酸菌は特殊加工されていることにより、空腹時に摂取しても胃酸によって分解されることがなく腸内に達し、腸内で発芽して効果を発揮するとても優秀な乳酸菌です。

また近年では様々な乳酸菌についての研究がされる様になり、胃酸によって死んでしまった乳酸菌でも腸内で作用するということも分かっています。

この様なことから、従来では乳酸菌は生きたまま腸に届ける事が必須条件とされてきましたが、研究が進んだ今においては摂取するタイミングはあまり関係ないことが多く、乳酸菌を摂取する場合は、タイミングを気にすることなく自分が摂取したい時で構わないでしょう。



話題の乳酸菌サプリ25商品を、実際に購入して試してみました!

姉妹サイト