新タントゼミンLについて解説

新タントゼミンLは、有胞子性乳酸菌とウルソデオキシコール酸をバランスよく配合した乳酸菌製剤です。乳酸菌減少によって起こってしまう、食欲不振や消化不良などの胃腸症状を改善して、便秘や軟便などを改善して整腸を促進してくれます。

新タントゼミンLの特徴は、有胞子性乳酸菌とウルソデオキシコール酸を配合している点が挙げられ、この2つの主成分は胃腸に非常に効果的な成分で、有胞子性乳酸菌は熱や酸にとても強い乳酸菌で、通常の乳酸菌ですと熱や酸に弱く、いくら摂取しても腸に行き届く前に胃酸によって死滅してしまいます。

しかし新タントゼミンLに含まれる有胞子性乳酸菌は、胃酸によって死滅することがなくしっかりと生きた状態で腸にまでいき届き、乳酸菌が減ってしまい腸内環境のバランスが崩れてしまった腸内環境を整え、腸内環境悪化からくる便秘・軟便・腹部膨満感などを改善してくれるのです。

また腸内に乳酸菌が増えることによって、ビタミンB群を体内に吸収することができるので健康増進の効果も期待できます。

そして不規則な生活習慣や不安定な食生活による消化酵素の減少に伴って、減ってしまう消化液の分泌を促進してくれる成分がウルソデオキシコール酸なのです。

そもそも、消化器官の消化液の分泌を正常な状態に戻す場合は、健康的な規則正しい生活をしていれば良いのですが、忙しい現代人にとって不規則な生活や不安定な食生活の改善はなかなか難しいといえます。

そこで新タントゼミンLのウルソデオキシコール酸は、消化器官悪化からおこる消化不良や食欲不振を改善して、健胃効果や利胆作用が期待でき、食欲増進にも繋がります。

この様に新タントゼミンLは、有胞子性乳酸菌とウルソデオキシコール酸という2つの成分がしっかりとその効能を発揮して、悪化してしまった胃腸を正常な状態に戻してくれるのです。

私たち人間の健康には、腸を正常な状態を保つことが非常に重要になり、腸の状態が不安定だと様々な病気の原因になってしまいますので、生きたまましっかりと腸にまで届く乳酸菌は、私たちに必要不可欠な成分だと言っても過言ではないでしょう。



薬より自然&クセにならない乳酸菌サプリ!【全てレビュー済み】

姉妹サイト