@乳酸菌サプリメント口コミ比較TOP>植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い

一体、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌は何がどう違うのか?

腸内に整腸効果をもたらしてくれる乳酸菌には、様々な形や大きさの異なるものが存在しています。この乳酸菌は2つの種類に分類することができ、ヨーグルトやチーズなどに含まれている乳酸菌を動物性乳酸菌といい、漬け物や味噌などに含まれている乳酸菌を植物性乳酸菌といいます。

この2種類の乳酸菌は棲息している環境も違い、動物性乳酸菌は環境の整った場所に単独で棲息しているのに対して、植物性乳酸菌は環境の整っていない色々な微生物と共生しながら過酷な場所に棲息していて、それが基になりとても強い生命力を身につけるといわれています。

乳酸菌は酸に弱いために、摂取しても胃酸によって分解されて死んでしまうと聞いたことが有るかもしれませんが、これは動物性乳酸菌の性質に該当することで、植物性乳酸菌は胃酸によって分解されることがなく、生きたまま腸内に達することができます。

生きたまま届いた乳酸菌は、分解されてしまった乳酸菌の約10倍の整腸効果が発揮されているとも研究結果から分かっていて、植物性乳酸菌は近年とても注目されており、様々な植物性乳酸菌を含んだ乳酸菌飲料や、乳酸菌製剤などが販売されています。

こう聞いてしまうと、胃酸によって分解される動物性乳酸菌の摂取は無意味に聞こえてしまいますが、分解されて死んでしまった乳酸菌にも生きたままの乳酸菌にはない働きをしてくれて、この動物性乳酸菌は善玉菌のエサとなったり、腸内フローラを還すことなく、直接的に腸内の免疫組織を刺激することで免疫細胞を活性化し、免疫力を向上させたりする働きなどしっかりと腸内で重要な働きをしているのです。

この様に、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌は性質も働きも違いがあり、この2種類の乳酸菌をバランス良く摂取することが腸内環境を良好に保つための条件となります。

その為には、それぞれの乳酸菌を含む食品を選んでバランスの取れた食事をすることがキーポイントになるでしょう。



話題の乳酸菌サプリ25商品を、実際に購入して試してみました!

姉妹サイト