@乳酸菌サプリメント口コミ比較TOP>乳酸菌は腸まで届かない

摂取した乳酸菌はほとんどが腸まで届かない

乳酸菌は高い整腸効果が期待できることで知られ、乳酸菌を大量に含んでいるヨーグルトやサプリ・整腸剤などを毎日摂取している方が現在では多くなりましたが、乳酸菌は摂取しても腸内に届く前に胃酸によって死んでしまうことはご存知でしょうか?

これは乳酸菌はとても熱や酸に弱いために、胃に到達した時に胃酸に溶かされてしまうので摂取した乳酸菌の多くは死滅してしまうのです。

この胃酸は化学薬品でいうと強塩酸で、胃酸に匹敵する塩酸にアルミを入れると約15分で全てが解けて無くなるくらいの強い分解作用があるようです。

乳酸菌は生きたまま腸にまで届けてあげないと意味が無いとされてきましたが、現在では乳酸菌に特殊加工をして生きたまま胃を通過して、腸に届けることができる乳酸菌を含んだ健康食品やサプリメントも多数存在しています。

生きたままの乳酸菌が良いとされている理由は、糖分を分解して乳酸などの酸を発生し、悪玉菌の減少を促進させ、悪玉菌によって腸内に溜まった有害物質を体外に出してくれる効果があるのですが、この様に働くのは生きた乳酸菌にしかできないためで、死滅んでしまった乳酸菌は効果が無いともいわれています。

しかし現在では、胃酸によって死んでしまった乳酸菌の研究も進められ、死滅してしまった乳酸菌でも腸内に効果を示してくれることが分ってきていて、死滅してしまった乳酸菌の働きは、腸内に届いて善玉菌のエサとなって善玉菌の増殖させたり、悪玉菌による有害な物質と合成して中和する働きなどがあります。

また腸内にあるパイエル板という免疫組織を刺激して、免疫細胞を活性化させ、ウイルス性の感染や癌の原因となる癌細胞を抑制するので予防効果も期待ができます。

このようなことから乳酸菌は種類に限らず摂取することで、腸内で働き私たちの健康維持に良いといえるのです。



話題の乳酸菌サプリ25商品を、実際に購入して試してみました!

姉妹サイト