@乳酸菌サプリメント口コミ比較TOP>ヨーグルトではなく味噌汁で植物乳酸菌を摂取

【乳酸菌体験談8】 ヨーグルトではなく味噌汁で植物乳酸菌を摂取

乳酸菌と言えば、多く入っているのがヨーグルトというイメージがあり、実際ヨーグルトには多く入ってはいるのですが、それ以外にも乳酸菌を摂取する上でおすすめの食品はあります。

それは味噌です。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌などは、「偏性嫌気性菌」といって酸素に弱い性質を持っていますが、味噌に含まれている乳酸菌は「植物性乳酸菌」といって、酸に強いので体内の消化器官を通っても死なず、生きたまま腸へ行くことができるというのです。

つまり毎日のように味噌汁を飲めば、それだけで体に必要な乳酸菌が摂取できるということ、しかも味噌汁を飲むこれで得られる効果というのは整腸作用だけではありません。

味噌汁に含まれる有用微生物群の働きで腸が活性化されることにより、体内の有害物質が排出されるのでお肌がきれいになりますし、他にも味噌のメチオニンが肝臓機能を高めてくれますので、解毒作用があるのです。

また血管を柔らかくするリノール酸やコレスレロールを溶かすレシチンもありますので、動脈硬化や高血圧の予防にもなるのです。

このようにいいことだらけの味噌ですが、気になるのはやっぱり塩分で、多くの人が味噌汁に含まれる塩分を気にしていると思いますが、味噌の塩分は大豆に含まれるカリウムとよく調和しますので、発酵の過程で大豆タンパク質やレシチンと結びつき、無害な塩分となります。

この無害な塩分というのはむしろ脳卒中予防に効果を発揮すると、最近の研究で分かってきているようですし、また塩分に入っているナトリウムの害は、野菜・芋・海草などと一緒に食べることで解消されるそうですので、味噌汁にそれらの具を加えれば大きな問題にはならないでしょう。

そして味噌汁の他にも、キムチやぬか漬けなどが植物性乳酸菌を多く含んでいますので、飲まない時はそれらの食品で乳酸菌摂取の代用をしてもいいでしょう。

ヨーグルトは、気が向いた時に食べる程度で問題ないと思います。

昔から日本にある発酵食品は、やはり日本人に一番効率よく乳酸菌を摂取出来るだけでなく健康にもいいので、毎日とは言いませんが三日に一度は味噌汁を飲んだ方がいいかもしれませんね。



話題の乳酸菌サプリ25商品を、実際に購入して試してみました!

姉妹サイト