@乳酸菌サプリメント口コミ比較TOP>乳酸菌の大量摂取について

1日に乳酸菌を大量摂取すると副作用とかある?

乳酸菌は腸内の整腸効果など、様々な効果が期待できることで多くの方が摂取していると思いますが、この効果を期待するあまり、ついつい摂りすぎてしまうこともあります。

乳酸菌を大量に摂取してしまった場合、何か副作用などがあるのかというと乳酸菌には副作用が全くありませんので、1日に大量に乳酸菌を摂りすぎてしまっても何の問題もないありません。

私たちの腸内には乳酸菌を含む善玉菌がもともと棲息していて、摂取した乳酸菌は腸内に棲息している善玉菌の棲みやすい環境を作ったりエサになったりと、補助的な役割をしていますが、乳酸菌は酸にとても弱い性質がありますので、摂取したほとんどの乳酸菌が胃酸によって分解されてしまい、腸内に行き着くことができる乳酸菌は、ほんの少ししかないと言われています。

実は腸内に棲息している腸内細菌の割合は悪玉菌がほとんどで、少ししか腸内に行き着くことができないとなると、なかなか棲息して善玉菌の増殖には繋がりませんので、より多く腸に届けるには大量の乳酸菌が必要になります。

そう考えると乳酸菌の大量摂取は、善玉菌の増殖に繋がり非常に効果があると思うかもしれませんが、仮に摂取した乳酸菌の量が過剰になってしまったとしても、摂取した乳酸菌は腸内で善玉菌として定着することができませんので、体外から便として出て行ってしまうので、単純に無駄になってしまうだけなのです。

しかし、乳酸菌の摂取方法によって大量摂取歯は体に悪い影響を与えてしまう場合があり、乳酸菌を含む商品として代表的なヨーグルトや乳酸菌飲料がありますが、この商品には味を調える為に大量の砂糖を含んでいるものが多く、これらの食品を毎日大量に食べ過ぎてしまったり、飲みすぎてしまうと、体重の増加やコレステロールの増大などまた、虫歯の原因になってしまうことがあります。

ただ乳酸菌自体で太ってしまったり、虫歯になったりはしないので、ヨーグルトや乳酸菌飲料で通常量よりも多くの量の乳酸菌の摂取を考える場合は、大量に摂取したとしても肥満や虫歯にの原因には繋がらない無糖のものを選ぶと良いでしょう。



話題の乳酸菌サプリ25商品を、実際に購入して試してみました!

姉妹サイト