@乳酸菌サプリメント口コミ比較TOP>乳酸菌の糖尿病予防の効果

糖尿病の予防には乳酸菌で糖の代謝を改善すること!

糖尿病を改善するには、腸内のバランスを保つ事が重要になります。

糖尿病とは簡単に言うと、尿から糖分が出る病気です。糖分は胃で分解されブドウ糖となって腸内で吸収され、肝臓を経て血液に含まれて、私たちの身体や脳を活性化させる為の必要なエネルギー源となりますが、腸内のバランスが良好でない場合に糖の代謝異常が起きて、ブドウ糖を細胞に運ぶことができなくなります。

腸内には腸内細菌叢といわれる、腸内での細菌の生態系が存在するのですが、善玉菌が多く悪玉菌が少ない状態は、腸内細菌叢がバランス良く保たれている状況なのですが、悪玉菌が腸内に多くなってしまうと腸内細菌叢のバランスは崩壊してしまいます。

腸内細菌叢のバランス崩壊の原因は肥満ともいわれており、カロリーが高く、脂肪分の多いバランスの悪い食事をしていることが原因とされています。

腸内細菌叢の崩壊は、悪玉菌の優勢状態と先程述べましたが、悪玉菌は脂肪分をエサとして増えてしまい、腸内にアンモニアを発生して善玉菌の棲みにくい環境を作ります。

こうなると、腸内でのブドウ糖の吸収が正常に行なわれなくなってしまいます。

正常な腸内細菌叢が保たれている場合は、腸内でブドウ糖が吸収されたと同時にすい臓でインスリンを分泌させ、インスリンと結合することでバランスよく細胞にブドウ糖が行き渡るのですが、この腸内細菌叢の悪化に伴ってすい臓でのインスリンの分泌機能も低下してしまい、糖の代謝異常が起きてしまうのです。

そしてインスリンと結合できないブドウ糖は血液中に余ってしまい、糖尿病へと繋がっていきます。

糖尿病を予防改善するのは、糖の代謝を正常にしなければいけないのですが、そうするにはブドウ糖の吸収を良くするためにも善玉菌を増やして、腸内細菌叢を整えることが肝心です。

善玉菌を腸内に増やすには、乳酸菌の摂取がとても効果的になります。乳酸菌には善玉菌のエサとなる成分を生成して、善玉菌を腸内に増やして、悪玉菌の棲みにくい環境を作る乳酸や酢酸を発生させ、悪化した腸内細菌叢のバランスを整えてくれる働きがあります。

こうして腸内細菌叢が正常に整うことで、すい臓でのインスリンの分泌も正常に作用するので、糖の代謝改善に乳酸菌は非常に効果的なのです。

糖尿病は合併症などを引き起こすとても怖い病気ですので、乳酸菌を摂取して血糖値の低い身体を作ることがことが重要です。



話題の乳酸菌サプリ25商品を、実際に購入して試してみました!

姉妹サイト