@乳酸菌サプリメント口コミ比較TOP>種類の違う乳酸菌を摂取

異なる種類の乳酸菌摂取は効果を潰しあわないのかどうか?

乳酸菌は腸を整えるということで一般的にも知られていますが、乳酸菌と一言で言ってもその種類はとても多く存在し、私たちの腸内だけに棲息していると思われがちですが、腸内以外にも様々な場所で棲息していおり、整腸効果だけでなく悪玉菌や病原菌など病気になる原因菌に対して、色々な場所で働いいます。

乳酸菌によって、その働きも異なってきます。例えば腸内で働く乳酸菌として、代表的なビフィズス菌という乳酸菌があります。このビフィズス菌は主に大腸で働き、乳酸や酢酸を産生して悪玉菌の棲息しにくい環境を作ったり、殺菌効果が強く悪玉菌を殺菌して減少させる働きがあります。

腸内で働く乳酸菌は他にもあり、例えばフェカリス菌という乳酸菌は小腸から大腸まで腸内全体で働き、善玉菌のエサになることで善玉菌の増殖を促進させたり、私たちの健康を司る免疫システムに刺激を与え、免疫細胞を活性化させ、白血球を強化し、免疫力を向上させてくれる働きがあります。

ビフィズス菌とフェカリス菌、腸内で働く乳酸菌だけでもこの2種類以外にも様々な乳酸菌が存在し、その働きによって得られる効果は多少違ってきます。

この様に乳酸菌を摂取する際には、発症した症状によってその種類を選ぶ必要があり、整腸効果以外の乳酸菌の効果についてですが、虫歯の予防や膣内のカンジタ症の改善にも乳酸菌は効果的で、虫歯予防にはロイテリ菌、カンジタ症にはアシドフィスス菌が働いてくれるようです。

しかし症状が多発した場合、種類の違う乳酸菌の摂取が原因で効果が減少してしまうのではないかと心配になりますが、乳酸菌は種類が違っても体にとって有益な細菌となりますので潰し合うこともありませんし、効果が減少することはないので、問題なく種類の違う乳酸菌は摂取が可能です。

むしろその逆で、体の健康維持を保つには働きの違う乳酸菌を摂取したほうが良く、実際に市販されている乳酸菌食品や整腸剤には、健康維持を高めるために数種類の働きが違う乳酸菌が含まれていますので、乳酸菌を摂取する場合は、色んな乳酸菌を摂取すると効果的かつおすすめなのです。



話題の乳酸菌サプリ25商品を、実際に購入して試してみました!

姉妹サイト