強力わかもとについて解説

強力わかもとはドラッグストアや薬局に行けば置いているお店が多いので、飲んだことはなくても知っている方は多いと思います。

わかもと製薬株式会社が製造していて、1929年に発売開始なので歴史はかなり古く、口コミでも愛用者が多くみられる超ロングセラーの乳酸菌サプリです。

ということでこのページでは、そんな強力わかもとの効果や副作用などの詳細情報を解説していきたいと思います。

強力わかもとに含まれている成分について

それではまず強力わかもとの中に入っている有効成分が、どのような働きをするのか具体的に見ていきましょう。

<アスペルギルス・オリゼーNK菌培養末>

アスペルギルス・オリゼーNK菌は、しょう油や味噌などの発酵食品を作る過程にて使用する麹菌の一種です。

この麹菌に栄養豊富な米や麦の胚芽に植え付けて培養することで、消化酵素が生み出されます。

この発生した消化酵素こそが胃腸の消化を助ける役割を果たしてくれ、これはわかもと製薬が独自開発したオリジナルの菌になります。


<乳酸菌培養末>

体内にはもともと腸内の善玉菌を増やす乳酸菌が生息しているのですが、その乳酸菌をわかもと製薬が胚芽組成を培地に培養し作ったものです。

単純に腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やすだけでなく、胚芽にはたっぷりの食物繊維が含まれていますし、便と一緒に有害物質を排泄してくれる働きがあります。

具体的な菌名は「ストレプトコッカス・フェカリス菌」という名前で、下痢や便秘が続いている方に対して十分な整腸効果が期待できるでしょう。


<乾燥酵母>

強力わかもとで使われている乾燥酵母はビール酵母で、これは有名なところでいうと「エビオス錠」や「新ラクトーンA」にも採用されていますが、日本で初めてビール酵母を錠剤にしたのが強力わかもとになります。

このビール酵母には、酵素・ビタミン・ミネラル・たんぱく質などの栄養素が豊富に含まれており、継続的に摂取することで代謝機能の向上や食欲増進、また当然ながらお腹を整える効果にも期待ができます。


他にもビタミンB群やCも入っていますが、以上の3つの天然由来成分が強力わかもとの主成分になります。

現代の日本人は食事の欧米化やインスタント食品の乱用などによって、身体に様々な悪影響を与えてしまっています。

そんな中で強力わかもとは、摂ることで胃腸の負担を軽減してくれ、便秘・軟便・腹部膨満感の改善などに働きかけてくれます。

さらにそれだけでなく、滋養強壮や肉体疲労・虚弱体質の改善にも効果を発揮してくれることでも評判です。

強力わかもとの用法・用量と副作用について

強力わかもとの用法用量は、15歳以上で1回9錠、11歳以上〜15歳未満で1回6錠、8歳以上〜11歳未満で1回5錠、5歳以上〜8歳未満で1回3錠です。

他の整腸薬と比較すると1回の服用量が多いと感じるかと思いますが、1日に3回服用すること。

また5歳未満の幼児は飲むことができないので、与えないで下さい。

添加物として沈降炭酸カルシウムを使っている以外は、原材料は全て自然由来のものになりますので、基本的に副作用を気にすることなく安心して飲むことが可能です。

ただし以前に薬を服用してアレルギー症状を起こしたことがある方や、家族がアレルギー体質などは服用に注意が必要です。

特に「アスペルギルス・オリゼーNK菌培養末」や「乳酸菌培養末」には小麦も含まれているので、小麦アレルギーがある方は医師・薬剤師と相談しながら慎重に摂って下さい。

そして服用後に発疹・発赤、皮膚のかゆみなどの副作用が発生した場合は、自己判断せずすぐに医療機関で診断を受けるようにしましょう。



薬より自然&クセにならない乳酸菌サプリ!【全てレビュー済み】

姉妹サイト