ウエストンサラ(小林薬品工業株式会社)

ウエストンサラは、明治19年創業の小林薬品工業株式会社が開発・販売している便秘薬です。

製品の特長として、便秘に効果のある植物由来の5つの生薬に加えて、腸内環境を整えるために乳酸菌をプラスしている点です。

このページでは、そんなウエストンサラに関する詳細情報を解説していきたいと思います。

ウエストンサラを実際に使用した方の口コミ・評価を紹介!

30代前半になってから、食事の回数の減少したことで便秘症になり、お腹が張ってぽっこりとして体重も増えてしまいました。

口コミで良さそうだったウエストンサラを使うようになって、確実に出せるようにはなりましたが、残便感なく出し切るには1日に6錠以上を飲まないとダメという感じです。

6錠以上の服用は腹痛もあるし、酷い下痢のような出方をするので、体には悪いと感じていますけど止められそうにありません。


化学的なものじゃなくて自然の成分で作られていて、乳酸菌も入っているから体に優しいと思って買ったけど全然そんなことなかった。

腹痛と下痢の繰り返しでずっとトイレから出られなく、自分には効果が明らかに強すぎる。


便秘で苦しい時に前まではコーラックを飲んでいましたが、効き目が強すぎるので、何か他に良い薬ははないかと探していた時に、友達から評判を聞いて使うようになりました。

このウエストンサラを寝る前に3錠飲むと、翌朝すぐに便意を感じてしっかりと出すことができますし、コーラックのようにお腹が痛くなることもありません。

規則正しい便通があると、便秘が原因で顔にできていた吹き出物も治まりますし、肌のキメも細くなって化粧ノリも良くなるなどとても助かっています。

あとは便秘自体を根本的に改善したいのですが、私の場合は家族の問題がストレスとなっているので、今すぐにとはなかなかいかないようです。

極力薬には頼りたくないと考えていますが、しっかりとした効果があるし変な副作用もないので、1週間に2回の頻度でウエストンサラを使っています。


ドラッグストアで見かけたので買って試してみたけど、規定量だと胃がムカムカとするだけで何の効能もなかった。

次に規定量の倍飲んでみたら出たけど、全然スッキリしない。


ダイエットで食べる量が減ったことと栄養バランスが崩れたことが原因で便秘になり、3日以上でないと常にイライラする状態になってしまいました。

この薬はお母さんが使っていたのを貰ったのがきっかけで、それから薬局で自分で買うようになりました。

たまにお通じが出る前に腹痛に襲われて、苦しい時間をトイレで乗り切らないといけなくなるのが難点ですが、効いてほしい時に効いてくれる本当に良い薬だと思います。


最初は多少の腹痛と吐き気がありましたが、慣れてくるとそれは次第になくなりました。

ただこのウエストンサラを数ヶ月間服用していくと効き目が弱くなるというか、最初は3錠でも十分だったのにだんだんと効かなくなり、量を増やさないと出せなくなっていきました。

食事と運動を工夫することで、今ではほぼ便秘は解消されて薬は使っていませんが、あまり依存しない方が良いと思いますよ。


ダイエットを始めたことで偏った食生活からの栄養不足によって4〜5日に1回ぐらいしか出なくなり、ニキビや肌荒れがひどくなってしまいました。

そういう理由なので、ドラッグストアに行き「何か良い便秘薬はないかなぁ」と探していたのですが、その時パッと目に入ったマイメロディのパッケージに魅かれて購入しました。

その日の夜寝る前に私の年齢では最低量に当たる2錠を飲んでみましたが、これが効果てきめんでした。

次の日の朝起きて間もなくお腹がグルグルとしてきて、その流れでドバっと出せたのですが、便秘薬に慣れていない私にはすこし効き過ぎなぐらいです。

停滞しているモノを全部出す爽快感は病みつきになりそうですが、やはり薬ですし常用するものではないので、1が月に1〜2回使う程度に抑えようとは思っています。


効果はあると思うのですが、漢方や生薬系の薬はその時の体調や飲むタイミングによって効き方が違うというか、安定しないように思います。

ある時は何の苦痛もなくスルッと出せたのに、ある時は強烈な腹痛と下痢で何回もトイレに行かないといけないなど日によって違うのです。

このウエストンサラもそんな感じで、服用してからの7〜8時間後の状態が読めないので、外出する日に飲むのは止めて何も予定のない休日にしか使っていません。


今まではお通じもよく下剤などに頼ったことはなかったのですが、出産で帝王切開後にお腹に力を入れることができなかった為に便秘になってしまいました。

その時は本当にお腹が張って、満足に食事もできないぐらい気分が悪かったです。

経験のないことだったのでどうすればいいか分からず、ご近所の方に相談してウエストンをおすすめしてもらいました。

目に見える効果はすぐにあり、次の日にはお腹に力を入れなくてもすんなり排便することができ、初めて便秘薬を使う私にとっては感動する気持ちでした。

今はもう使っていませんが産前産後は特に便秘になる方が多いと聞きますし、そんな時は無理に我慢せず、薬の力を借りて出すようにした方がいいと思います。


穏やかな効き目ということもあってか、飲み始めて2〜3日ほどは特に効果を感じませんでしたが、数日経った頃には毎日朝食後に少しお腹がゴロゴロしてきました。

それでも満足のいくスッキリ感はなく、ポロポロとした便が少量ずつ出る日が続きました。

次に水分を多めに摂取するといいのかなと思い、薬を飲む時とそれ以外にいつもより多めに水を飲んだところ、今度はお腹が緩くなり下痢気味になってしまったので、錠剤を規定量より1錠少なくしてみたり、水を飲む量を減らすなどしました。

いろいろと調節して自分なりの飲み方を探しましたが、別に便秘薬はこれしかないわけじゃないですし、残っている錠剤を飲み終えたら別の商品に移ろうと思います。





薬に頼らず自力排便できる体質へ導いてくれる乳酸菌サプリ!

(自腹購入&全てレビュー済みです)

ウエストンサラの主成分や副作用について

<成分>

まずウエストンサラには便秘に効果のある有効成分として、センノシドを含む「センナ」と、漢方便秘薬では非常にポピュラーな「ダイオウ」が含まれています。

この2つの成分が大腸を刺激して蠕動運動を活性化する、下剤作用の役割を果たします。

次に日本でも昔から使われていて解毒作用のある「カンゾウ」、ペオニフロリンという有効成分を含み鎮痛作用のある「シャクヤク」が、体のダメージを抑えて便秘薬特有の腹痛を和らげる働きをしてくれます。

さらに「ケンゴシ」がお腹の張りや腹部膨満感を防ぎ、腸まで生きて届いてくれる「有胞子性乳酸菌」が腸内環境を整えます。

<用法・用量>

3日ほど便通がなければ15歳以上で2〜4錠、7歳〜14歳で1〜2錠を服用し、4日以上の便通がない場合は15歳以上で4〜6錠、11歳〜14歳で2〜4錠、7歳〜10歳で2〜3錠を限度として服用し、7歳以下のお子様は使用しないで下さい。

<副作用>

ウエストンサラはセンナやダイオウを含むアントラキノン系の刺激性下剤になり、激しいお腹の痛みを引き起こしたり、吐き気・嘔吐を伴うような副作用が生じる可能性があります。

また個人によっては皮膚の痒みや発疹などの症状が現れることもあるので、このような副作用が出た場合はすぐに近くの病院へ足を運び、専門医の診断を受けて下さい。

<その他>

ウエストンサラの小売希望価格は瓶に入っているタイプで、125錠が1,850円・56錠が980円・27錠が580円になり、携帯に便利な個別包装タイプが24錠で570円になります。

薬の効果があらわれる時間について個人差はありますが、およそ7〜10時間後程度を目安にするとよいでしょう。

姉妹サイト