ヤクルトBL整腸薬S錠について解説

ヤクルトBL整腸薬S錠は、乳酸菌飲料で有名な株式会社ヤクルトが販売している整腸剤で、子供から大人まで服用することができることで口コミでも安定した人気があります。

主には便秘・軟便・お腹の張りなど、腸内の諸症状改善への効果が期待できるお薬です。

このページではそんなヤクルトBL整腸薬S錠の効き目に関係ある成分や、副作用についてなど詳細情報を解説していきます。

ヤクルトBL整腸薬S錠に含まれる成分について

現代人に多いとされる慢性便秘や下痢になる原因は、腸内に有害な悪玉菌の増殖が原因となっていて、悪玉菌が増殖する過程は、バランスの悪い肉などがメインの偏った食生活やストレスなどにより、もともと腸内にあるビフィズス菌などの腸内に有益な善玉菌の減少で、悪玉菌が勢力を増して増殖してしまいます。

そうなると悪玉菌が活発に腸内で働きだし、タンパク質を分解して腸内をアルカリ性にしてしまうので、活性酵素など有害な物質を作り上げます。

そして有害な物質が増えてしまうと、癌になる可能性を高めてしまうなど様々な症状を引き起こしてしまいます。

この様な状況を改善するためには、腸内にビフィズス菌やカゼイ菌などを増殖させて、悪玉菌の増殖を抑制してあげなければなりません。

ビフィズス菌は、乳酸・酢酸・ギ酸と呼ばれる有機酸を合成して、大腸で悪玉菌が活発に働けない様に腸内を酸化状態にする効能があり、そして悪玉菌が減少して、ビフィズス菌によって大腸内のバランスを取り戻すことができます。

またカゼイ菌などの働きは、乳酸を合成して主に小腸で働き増殖して、悪玉菌の増殖を抑制する働きがあります。乳酸菌には大腸、小腸それぞれで活躍する種類が分かれていて、これらの乳酸菌がバランス良く腸内で働くことにより、腸内が正常に保たれて便秘などの症状を改善してくれます。

ヤクルトBL整腸薬S錠には、大腸と小腸でそれぞれ効果的に作用する、ビフィズス菌とカゼイ菌乳を配合していますので、便秘や軟便に改善が期待できます。

またこの他にも、弱ってしまった胃での消化機能を改善して、胃酸の分泌を高めて胃の蠕動運動を正常にする働きがある、カルニチン塩化物という有効成分を配合していますので、腹部膨満感の解消にも効果が期待できるのです。

何も食べてないのにお腹が張った感じがする方や、何日間も便が出ていないなどの症状の方は、ヤクルトBL整腸薬S錠を1度試してみるのも良いかもしれませんね。



薬より自然&クセにならない乳酸菌サプリ!【全てレビュー済み】

姉妹サイト