@乳酸菌サプリメント口コミ比較TOP>残便感を解消できたサプリを紹介!

苦しい残便感は乳酸菌サプリで解消!【改善できた私の体験談】

このページは、「便が出てもスッキリしない」、「少量しか出ず1日に何回もトイレに行く」「肛門周辺にいつも違和感がある」などのような、残便感に悩んでいる方に向けて解説しています。

というのも以前の私も、全部出きらないでトイレの度に毎回モヤモヤしていました。

ですがある乳酸菌サプリを飲むようになってから毎回スッキリと排便できるようになり、完全に残便感を解消することができたのです。

その乳酸菌サプリはズバリ、森下仁丹が発売している「ビフィーナS」です。


それまでは便器で力いっぱいにいきんでも出ない、もしくは出てもコロコロとした兎のような便が少し出るだけでした・・・。

しかしビフィーナSを飲むようになってからは、力を入れなくてもスルッと出てくる理想的なバナナ型の便が出るようになったのです。

このビフィーナSは、臨床試験で便通改善が報告されている「ビフィズス菌ロンガム種」を1日分に50億個配合。

このビフィズス菌ロンガム種が、悪玉菌が優勢となっている腸内環境を整え、善玉菌優勢の腸内へと導いてくれます。

また有効菌を独自技術のカプセル状に閉じ込めているので、途中で胃酸や熱に負けることなく、高確率(90%以上)で生きて腸に届くという結果が出ています。

また消費者庁に届出を出している「機能性表示食品」というのも信用できるポイントの1つですね。

そんなビフィーナSによって乱れていた私の腸内環境は改善され、残便感なく毎日快調に過ごせるようになりました。

もちろん今もずっと飲み続けていますし、これからも私の生活には欠かせない必需品です。


ただし顆粒のサプリメントなので、そこが苦手な方もいるかもしれません。

私が試した中でビフィーナS以外だと、フジッコの「善玉菌のチカラ」も非常に質の高い乳酸菌サプリです。

この善玉菌のチカラは、他の乳酸菌にはない「粘り気」を持っていて、生きて大腸に届いてくれる「クレモリス菌FC株」をメインの菌として採用しているサプリです。

さらに便のカサを増やしてくれる食物繊維の「デキストリン」や、日本人が不足しがちなカルシウムなど、腸内環境の正常化に必要な栄養成分をしっかりと配合しているサプリです。

残便感の主な原因とケース別の対処法

トイレの度に残便感を伴ってしまう主な原因を詳しく調査してみると、

・便秘

・過敏性腸症候群

・痔

・腹筋や骨盤底筋の低下・問題の発生


などが主な原因として挙げられ、中でもその大半が単純な便秘によって起こっています。

実際に私自身もビフィーナSを飲み始めるまでは、普通でも3〜5日、酷い時は1週間以上出ないこともあるぐらい慢性的な便秘でした。

逆に考えれば、便秘を解消して毎回しっかりと出せるようになれば残便感もなくなる可能性がとても高いということですね。

あとは「お通じ自体は毎日あるから私は便秘じゃない」という方もいると思いますがこれは間違いで、内科学では日本最大の学術団体の「日本内科学会」では、3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態を便秘の定義と定めています。

つまり頻度や回数ではなくスッキリしないならそれは十分な便秘であり、解消する必要があるということです。

また過敏性腸症候群に関しても、「便秘型」、「下痢型」、または下痢と便秘を交互に繰り返す「交換型」などの症状の方も、腸内環境を整えることは有効だと考えています。

しかし上で挙げた原因の下2つ「痔」と「筋肉の低下」に関しては、間接的に有効かもしれませんが、腸内環境を整えるだけで改善するのは難しいと思います。

特に開け閉めをしてる骨盤底筋に問題がある場合だと、直腸にポケットのような瘤ができてそこに便が残ってしまう「スーパー便秘」や、排便の際に骨盤が緩まず便が出せない「アニスムス」に陥っている可能性があります。

痔であれば治療薬を処方してもらったり手術を受けるなどで対処する必要があり、また骨盤底筋の低下によるスーパー便秘であれば、バイオフィードバック療法など専門的な治療が必要なケースもあるでしょう。

なにはともあれそのような場合は、胃腸科・肛門科などの病院へ行って専門家からの指示を受けた方が良いでしょうね。

姉妹サイト